夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


並行読書法

2008年01月09日 [ 読書法シリーズ ]@sanmotegiをフォローする

 本を一冊ずつ読むのではなく、幾つか同時並行的に読み進める人がいる。どうしてそうするかというと、異なる分野の本を読むことで気分が変わるからだという。単行本は一冊ずつにしても、雑誌や新聞には連載ものもあるから、誰でも同時並行的にいくつか読み進めているわけだが、これを意識的にやるわけだ。

 この読書法の良いところは、気分転換ばかりではなく、記憶や思考に関わる脳の複数の分野が同時期に刺激されることだと思われる。私は大体以下五つの分野の書物を並行的に読み進める。

1. Art
2. History
3. Natural Science
4. Social Science
5. Geography

 5番目のカテゴリーは地理だけに止まらず、モノとモノとの関係を論じたTopology(位相学)的な本や各種実用書も含む。勿論、本の内容によってカテゴリーはオーバーラップするわけだが、本のメイン・テーマで大雑把に分ければよい。たとえばこういう具合だ。

1. 「イサム・ノグチ 宿命の越境者」ドウス昌代著(講談社)
2. 「白の民俗学へ 白山信仰の謎を追って」前田速夫著(河出書房新社)
3. 「免疫の意味論」多田富雄著(青土社)
4. 「ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界」副島隆彦著(徳間書店)
5. 「新説 東京地下要塞」秋葉俊著(講談社)

 これらの本は一見何の脈絡もない。しかしそれが故に、カテゴリーを越えて思わぬつながりが生まれることがある。私にとって副島隆彦氏は、1950年代に勢いのあったアメリカの社会科学が何故衰退し、それを日本がどう受け入れたのか(受け入れなかったのか)ということについて目を開かせてくれた人だが、多田富雄氏の人体免疫システムに関する知見は、行き詰ったアメリカの行動科学の先にある、新しい社会科学のあり方に示唆を与える。

 並行読書法の効用は、脳のニューロン・ネットワークから見ると、まるでスモールワールドのような話だが、ニューロンの同時発火という同期現象から考えると、むしろ熱力学や波動理論と関係がありそうだ。

ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界   免疫の意味論

 

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 17:49 | Permalink | Comment(0) | 読書法シリーズ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ