夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


一日一ページ読書法

2012年03月27日 [ 読書法シリーズ ]@sanmotegiをフォローする

 今回は、私が最近実践しているおもしろい読書法を紹介しよう。名付けて「一日一ページ読書法」。一ページといっても、話によっては見開き一ページの場合もあるし、場合によっては二〜三ページ程になることもあるから、実際は「一日一話読書法」とでも呼んだ方が良いのだが、分りやすさを考えてこういうネーミングにした。

 この「一日一ページ読書法」、まあ読んで字の如く、ある本を一日に一ページ(一話)読み進むというだけのことなのだが、ここで重要なのは、その読む「タイミング」と読む「テーマ」である。

 まずタイミングであるが、これは朝の食事後など、副交感神経と交感神経が共に高まっているタイミングが宜しい。仕事に出かける前のほんの数分間でよいから、一ページ(一話)をソファなどでリラックスして読む。そういうときに短い文章を読むと、その内容がことのほか深く記憶に刻まれる。望むらくは、その日の一ページを読む前後にそれまで読んできたページをぱらぱらと読み返すと、さらに前日までの記憶が固定される。朝(自宅で)あまり時間が取れない人は、通勤や通学途中の乗り物の中で読むのも良いだろう。

 次にテーマであるが、この読書法に適したものは、主に語学や理系の本である。単語や数式の場合、普通の読み方で本を読んでいると、全体の文脈を追うなかで記憶が薄まり、次第にそれ(単語の意味や数式自体)を忘れてしまうことがある。しかし一日一ページであれば、そのページを画像的に記憶できる。この方法、ややこしい法則や定理の理解などに特に向いている。法則や定理などの場合、基礎から一歩ずつ学ばないと、勘違いしたり間違ったまま覚えたりしてしまうことがあるからだ。できれば、下線を引いたり書き込みをしたりしながら、しっかりと内容を記憶する。

 週末の朝など、時間に余裕があるときのために、以前紹介した「平行読書法」の要領で、複数の本を用意しておくのも善い。テーマが異なっていれば、数冊同時に(一ページずつ)読んでも、あまり記憶がこんがらからない。

 大事なのは、時間が余って先を読みたくなっても、同じ本は(ちょっと覗く位にして)次のページ全部を読まないこと。一日一ページに抑制する方が、却ってその内容がはっきりと頭に残る。また、本の体裁としては、見開きの片方のページに文章、もう片方に図解があるものが特に相応しい。

 一日一ページ(一話)だと、なかなか一冊読み終わらないと思うかもしれない。しかし本一冊200ページとして、一日見開き一ページずつ読み進めば、最速3ヶ月ほど(100日)で一冊読み終わる。内容がきちんと頭に残ることを考えれば、けっして遅すぎるペースはないだろう。

 例を挙げてみよう。たとえば、以前「盤上の自由」の項で紹介した“カガク英語ドリル”(シーエムシー出版)などはこの読書法に最適だった。私は夏休み明けに帰京してからその年の11月までかけて、一日一ページ(見開き一ページ)読書を実践した。理系の本では、最近“流れのふしぎ”(講談社ブルーバックス)という本を一日一話じっくりと読んだ。お陰で、流体の粘性と圧縮性の違い、流体中の個体にはたらく抗力と揚力、流体質量保存の法則、流体エネルギー保存の法則、ベルヌーイの定理、流体曲率の定理などなど、流体力学の基本が復習できた。

 それでも内容を忘れたらどうするか。そのときは「繰り返し読書法」の要領で、同じ本を(一日一ページ)また読み返せば良いのである。長い人生、基礎的な本は何度読み返してもけっして損はしない筈だ。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:47 | Permalink | Comment(0) | 読書法シリーズ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ