夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


贅沢な週末

2011年10月31日 [ アート&レジャー ]@sanmotegiをフォローする

 先々週の週末、私は友人が主催する「斑尾国際音楽村ライブ」のお手伝いを兼ねて、二泊三日で信州・斑尾を訪れた。地域の活性化を目指した「斑尾国際音楽村」については、これまで「競争か協調か II」や「元気なリーダー」の項でも紹介したことがある。

 土曜日、飯山駅からタクシーで斑尾高原ホテルに着いたのは、まだ午後の早い時間だった。さっそくホテルの温泉で汗を流し、ちょうど近くの希望湖のハイキング・イベントを終えたはずの友人、内ヶ崎さんに電話する。彼女はペンション“ぶーわん”でこの関連イベントに参加した皆さんとランチ・パーティーのさ中だった。

 ホテルから歩いて5分の“ぶーわん”で内ヶ崎さんや皆さんと合流し、そこで今回の「斑尾国際音楽村ライブ」で演奏するノルウェーのデュオ“PICIDAE”にお会いした。“PICIDAE”のTaraとErikのお二人も、そのハイキング・イベントに参加していたのだ。そこで美味しい北欧紅茶をいただく。

 土曜日の公演は、これもホテルから歩いて5分ほどのところにある斑尾高原絵本美術館で、夜の7時半から行なわれることになっていた。私のお手伝いは、公演中Taraが英語で曲を紹介するのを日本語に訳すことなので、その段取りを二人と相談する。“PICIDAE”は、竪琴やオートハープ、音量を絞ったトランペットなどをバックに、主にTaraが静かな歌声を響かせる新感覚のデュオだ。パンフレットには“ノルウェーの森の吟遊詩人”とある。

 絵本美術館で公演の準備を皆で始めたのは午後5時からだった。オランダのミイッフィーのシルクスクリーン作品などが展示されているメイン・フロアーに40人ほどの席を設置、ショップ・エリアにソフト・ドリンクやスナックのバーを開設、照明やステージの準備も整って、予定通り7時半から、こじんまりとした、しかし暖かい雰囲気のコンサートが始まった。

 曲数はアンコールを含めて全18曲。曲の前にTaraが語る短い英語を私が日本語にするのだが、うまく伝えることが出来たかどうか。彼女の心の優しさやユーモアは観ているだけで充分わかるので、私は内容をできるだけ短く的確に伝えることを心掛けた。それでも皆さん笑うところで笑ってくれたから、まあまあだったのではないかな。

 コンサートのあとはショップ・エリアでのお客様を交えた懇親会、そのあと関係者だけでの遅い夕食。夕食は近くのレストラン・バーJazzyにて。Jazzyの壁には、斑尾ジャズフェスティバル時代の貴重な海外音楽家たちのサインや写真が所狭しと飾ってあった。

 翌日曜日の公演は、ホテルから徒歩10分ほどのところにある斑尾高原紫音ハープミュージアムで、昼の1時半から行なわれた。世界各地から集められたハープが展示されているフロアーの真中に席を設置、別棟にソフト・ドリンクやスナックのバーを開設、照明やステージ、地元ネット放送局のカメラなどの準備を整えて、予定通り1時半からコンサートが始まった。

 拍手に包まれてアンコール曲が終わると、別棟でお客様を交えた懇親会が開かれた。歓談のあと、“PICIDAE”の二人は次の公演のために斑尾高原を後にした。私と内ヶ崎さんは、ミュージアム館長の坂田さんのご好意でそのままそこで夕食をご馳走になった。関係者の皆さんと地域活性化の話などをしながら酒を飲み交わし、私がホテルに戻ったのはすっかり夜が更けた頃だった。

 その晩、一度眠ってから深夜に起きて本を読む。読み始めたのは“フェルメール 光の王国”福岡伸一著(木楽舎)というとっておきの本。これは生物学者の福岡氏が、フェルメール作品の置かれた美術館を巡る紀行文で、以前ANAの機内誌「翼の王国」に連載されていたものだ。私は一部機上で読んだことがあり、その後まとまって単行本になるのを楽しみにしていた。

 福岡氏の文章は鮮やかで、小林廉宣氏の写真も美しい。その夜私はちょうど“旋回のエネルギー―――アイルランド”の項に差し掛かっていた。見えないけれど、部屋の窓正面に、夜霧を纏った晩秋の斑尾山が聳えているのがわかる。北信の山奥で、深夜、フェルメールの絵とアイルランドの海に想いを馳せる。そういえばTaraの母親はスコットランド出身で、彼女の歌には当地の民謡の趣があった。

 “PICIDAE”の音楽、絵本美術館、ハープミュージアム、高原と温泉、親切な友人たち、美味しい食事、それにフェルメールの本、とまあ今回はなんと贅沢な週末なことだろう!

 ちなみに、この小旅行に持参した本は、“フェルメール 光の王国”のほか、“DNAでたどる日本人10万年の旅”崎谷満著(昭和堂)と“熱とはなんだろう”竹内薫著(講談社ブルーバックス)の二冊。そのうち“DNAでたどる日本人10万年の旅”は、帰路の新幹線のなかで読了した。

 内ヶ崎さんや地元の皆さんが努力しておられる地域の継続的な活性化は、けっして容易ではない。しかし、多品種少量生産、食の地産池消、資源循環、新技術といった安定成長時代の産業システムにとって、このような自然と風光に恵まれた土地は正に理想的な筈だ。知恵と努力と人の繋がりで、賑わいの水車はきっとまた上手く回り始めるだろう。以前「贅沢の意味」の項で、贅沢な経験をした者はその分を別のかたちで社会に還元するだろうと書いたけれど、自分がこの地にさらに貢献ができることを願いつつ、私はベッドサイドの明かりを落とした。

 翌朝私は温泉に浸かり、朝食のあと近くを散歩した。あいにくの曇り空だったけれど、山道から東側をみると、遥か下を流れる千曲川を挟んで、対岸に北志賀の山々が遠望できた。そのあと、私は内ヶ崎さんの見送りを受けてバスで山を下りた。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:50 | Permalink | Comment(0) | アート&レジャー

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ