夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

2010年07月27日 [ 公と私論 ]@sanmotegiをフォローする

 「迷惑とお互いさま」の項で、日本語の「自然環境を守る力」は、自然環境に対してだけでなく、人為的な組織に対しても同じように働くようだと指摘し、「少数意見」や「ハーモニーとは」などで、その「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」について論じてきたけれど、今回は、「人為的な組織」と「自然発生的な組織」の違いそのものについて考えてみたい。

 ドイツの社会学者フェルディナント・テンニースは、社会組織について、「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」という二つの概念を提起した。ゲマインシャフトとは、地縁・血縁などにより自然発生した社会集団を指し、ゲゼルシャフトとは、利害関係に基づいて人為的に作られた社会組織を指す。テンニースは、人間社会が近代化するとともに、社会組織は「ゲマインシャフト」から「ゲゼルシャフト」へと変遷していくとした。このブログでいう「人為的な組織」は、テンニースの「ゲゼルシャフト」という概念に近く、「自然発生的な組織」は、「ゲマインシャフト」に近いと思う。

 テンニースはさらに、社会組織が「ゲマインシャフト」から「ゲゼルシャフト」へと変遷していく過程で、人間関係そのものは、疎遠になっていくと考えた。社会の機能化に伴って個人の権利と義務が明確化され、それまでのウエットな人間関係は、利害関係に基づくドライなものへと変質するからだ。

 しかし、日本語に備わった「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」は、地縁・血縁などにより自然発生した「ゲマインシャフト」においてのみならず、明治の近代化以降、利害関係に基づいて人為的に作られた「ゲゼルシャフト」においても、それまで同様作動し続ける。

 たとえば、「先輩と後輩の関係」について考えてみよう。どこの国でも、血縁により自然発生した親族内(ゲマインシャフト)において、一族の長老が先輩として敬われ、子供たちが若輩ものとして扱われるのは自然なことであろう。一方、大学や会社などの機能組織(ゲゼルシャフト)においては、個人の権利と義務が明確化され、効率的な運営が図られるのが普通である。

 しかし日本では、大学や会社などにおいても、入学・入社年次によって、あたかも親族内のような「先輩と後輩の関係」が築かれる。先輩は後輩の面倒を見ることが暗黙のうちに了解され、後輩は先輩を立てることが求められる。個人の権利と義務の明確化や、効率的な組織運営は二の次で、組織構成員はひたすらその関係維持に腐心する。「先輩と後輩の関係」維持は、「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」の典型的な表出形態であろう。

 機能組織(ゲゼルシャフト)も一つの有機体であれば、合理性と同時に、人間関係をスムーズに運ぶための工夫も必要である。組織が充分小さく、先輩と後輩との親密性が長く保てるのであれば、「先輩と後輩との関係」維持も良いけれど、機能組織(ゲゼルシャフト)は、あくまでも目標達成の為に(人為的に)作られるもであり、組織運営には、合理性と人間性とのバランスが欠かせない筈だ。

 本来、ゲマインシャフトは「私(private)」の領域に属し、ゲゼルシャフトは「公(public)」の領域に属す。しかし、日本では二つの違いの意識が希薄である。「先輩と後輩の関係」は、大学や会社だけでなく、官僚や公共団体など、日本の機能組織のいたるところで見られる。我々は、「自然発生的な組織」=「ゲマインシャフト」と、「人為的な組織」=「ゲゼルシャフト」との違いをしっかりと認識し、そのどちらにも影響を及ぼす日本語の「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」に対して、殊の外自覚的でなければならない。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 08:58 | Permalink | Comment(0) | 公と私論

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ