夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


マグネシウム循環社会

2010年05月25日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 “マグネシウム文明論”矢部孝/山路達也共著(PHP新書)を読む。まず本カバー裏の紹介文を引用しよう。

(引用開始)

石油の次のエネルギー資源は何か?太陽電池で日本のエネルギーを賄(まかな)おうとすると、国土の六割を覆う必要がある。水素社会なら地下が水素貯蔵タンクだらけ。リチウムイオン電池を載せた電気自動車が普及すると、リチウム資源が不足する。さらに、今の造水法で世界的な水不足に対応するには、世界の電力を五割増やさねばならない。この状況を突破する解こそ「マグネシウム循環社会」である。『タイム』誌で二〇〇九年Heroes of the Environmentに選ばれた、二酸化炭素二五%削減も実現する新技術を公開する。

(引用終了)

ということで、この本は、海水に含まれるマグネシウムを使った、エネルギー循環社会について書かれたものだ。本文は、テクニカルライターの山路達也氏が、矢部孝東京工業大学教授の研究・事業内容をわかりやすく紹介する形をとっている。詳しくは本書をお読みいただきたいが、以下、簡単にそのステップを説明しよう。

 まず初めのステップは、海水に含まれる塩化マグネシウムを、淡水化プラントにて、淡水と塩化マグネシウムに分化する。さらに塩化マグネシウムに熱を加えて酸化マグネシウムにする。淡水はそのまま農作物の生産などに使用される。

 次に、精錬所で、淡水化プラントから送られた酸化マグネシウムを金属マグネシウムにする。ここでは、太陽光からレーザー光線を作り、そのレーザー光線によってマグネシウムを製錬する。

 できた金属マグネシウムは、消費地に送られ、発電所の燃料や燃料電池として車などに使われる。この燃料電池は、マグネシウムと酸素の反応を利用するもの(空気電池)だ。使用されて(燃やされて)酸化したマグネシウムは、再びマグネシウム精錬所に送られ、レーザー光線によって金属マグネシウムに戻される。

 以上がマグネシウム循環のステップだが、エネルギー源として使われるのは、海水と太陽光、それと酸素である。海水中の総マグネシウム資源量は1880兆トン(石油10万年分)というから、太陽光や酸素と併せて、エネルギー源は無尽蔵と云えるだろう。各ステップで、有害物質が排出されることもないという。

 課題は勿論、各ステップにおける変換効率であろう。淡水化プラントやマグネシウム精錬所、発電所や空気電池製造工場などにおける設備投資と、そこから得られる各エネルギーの回収量が長期的に見合わなければ、いくらエネルギー源が無尽蔵にあるといっても、事業としては成り立たない。

 鍵を握るのは、各ステップで導入される新技術である。淡水化プラントにおける高速回転ローラーなどを使った淡水化技術、マグネシウム精錬所で必要となる太陽光励起レーザー、自動車などで使われるマグネシウム空気電池などなど。これらの新技術の完成度によって、各ステップにおけるエネルギー変換効率が決まってくる。

 これらの新技術のうち、実用化に漕ぎ着けたのは、最初のステップである淡水化技術であるという。本書から引用しよう。

(引用開始)

 太陽光の集熱機で80~90度に暖めた海水を、ローラーで細かい水滴にして蒸発させ、蒸留水をつくる。この方式は、高価な逆浸透膜も不要ですし、メンテナンスも容易です。
 さらに、水が蒸発する際の潜熱を回収して再利用するなど改良を重ね、「ペガサス浄水化システム」と名づけました。(中略)
 すでに装置自体は完成しており、10トン/日の淡水化能力を実現しています。逆浸透膜法の装置と比較した場合、価格当たりの生産水量は9倍です。逆浸透膜法は電気代がかさむのが難点ですが、ペガサス浄水化システムは太陽熱や排熱を利用するため、ランニングコストがほとんどかかりません。

(引用終了)
<同書185−186ページ>

いかがだろう。研究を推進する矢部教授は、各技術に自信を表明しておられるので、成果に期待したいと思う。尚、マグネシウム循環社会構想については、”The Magnesium Civilization”に、最新情報が紹介されているので、興味のある人は参照して欲しい。

 このブログでは、日本の安定成長時代を代表する産業システムとして、

1. 多品種少量生産
2. 食の地産地消
3. 資源循環
4. 新技術

の4つを挙げている。マグネシウム循環社会構想は、このうち「資源循環」と「新技術」に関わっているので、今後、有望なビジネスの一つとなるだろう。

 またブログでは、これらの産業システムを牽引するのは、フレキシブルで、判断が早く、地域に密着した「スモールビジネス」であると書いてきたけれど、この研究を推進するのは、東京工業大学発ベンチャー株式会社エレクトラ(代表取締役会長・矢部孝)であり、淡水化プラントを運営するのは、傘下の株式会社ペガソス・エレクトラ(社長・吉川元宏)であるという。この淡水化プラントは、さらに多くのスモールビジネスによって支えられている。

(引用開始)

 ペガサス浄水化システムの製造を請け負っているのは、大手メーカーの下請けをしている中小企業数十社です。2008年、中小企業が集まっている東京の瑞穂町(みずほまち)で、マグネシウム循環社会のビジョンについて講演をしました。そのビジョンに共感した中小企業の経営者と組んで、淡水化装置のビジネスを展開しています。

(引用終了)
<同書188ページ>

関係する皆さんのご活躍を応援したい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 13:09 | Permalink | Comment(0) | 起業論

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ