夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


チームプレイ

2009年01月21日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 約一年前、ブログの初回「スモールビジネスの時代」の冒頭で、

「最近、品質や安全の問題が頻発し、高度成長時代を支えた大量生産・輸送・消費システムが軋みをみせている。大量生産を可能にしたのは、遠くから運ばれる安い原材料と大きな組織だが、多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術といった、安定成長時代の産業システムを牽引するのは、フレキシブルで、判断が早く、地域に密着したスモールビジネスなのではないだろうか。」

と書いたが、最近大きな会社組織が平気で(派遣を含む)社員を削減するのは、

『以前「理念(Mission)と目的(Objective)の重要性」で、「いくら小さくとも会社は一つの共同体だから、その理念と目的を、社員やお客様、さらには社会に対してわかりやすく伝えることが大切なのである。」と書いたけれど、会社が大きくなってくると、当初定めた理念や目的がはっきりしなくなってくるのである。役員たちがそこで一旦立ち止まって、目的を書き換えるなり(あるいは初心に還るなり)すればよいのだが、特に儲かっていたりするとそれを怠るケースが多い。そしてお金儲けだけが企業の目的のような錯覚に囚われてしまう。』(「カーブアウト II」より)

からでもあろうが、それと同時に、多くの産業で、高度成長時代を支えた「安い原材料と大きな組織による大量生産システム」がいよいよ立ち行かなくなってきたことを示している。

 これからの安定成長時代を牽引する産業システムは、「多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術」などであり、今後ますます「フレキシブルで、判断が早く、地域に密着したスモールビジネス」が注目される筈だ。

 雇用について考えてみると、多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術などに関わる職能は、大量生産時代に必要とされた職能よりも高付加価値化(単純作業から多機能作業へ転換)するから、今のような移行期には雇用機会の一時的減少が起こる。

 大きな組織の雇用調整が加速すれば、社会全体の雇用機会はますます縮小する。ここで雇用を「資源」として捉えれば、資源(雇用機会)が明らかに減少しているということだ。

 「競争か協調か」および「競争か協調か II」のなかで考察した、「競争を選ぶか協調を選ぶかは、資源全体の多寡・増減に依る」という原則、即ち「競争」は全体の資源(この場合は「雇用機会」)が豊富にあることを前提としたルールであり、「協調」は資源が少ない場合のルールであるという原則に照らして考えれば、いまの社会が取るべき雇用政策は、「協調戦略」に基づいたものでなければならない筈だ。「チームプレイ」は、資源が限られている場合のルールなのである。

 スモールビジネス・サポートセンターのトップページに、「これからの社会は、これまでの競争原理優先主義とは異なり、力を持つ人も持たない人も、共に助け合いながら生きていくことが大切になります。」と掲げてあるのはそういう意味を含んでいる。

 一方、上の原則は「系」総体で見ると、(適当な調整機能が働くことが前提だが)構成要素間の循環と、構成要素そのものの多様性を保証する要因ともなりうる。ある立場からして不必要なものも、別の立場から見れば貴重な資源となる場合があるからだ。自然界の食物連鎖はその良い例である。

 このことを「雇用機会」に当て嵌めて考えると、社会全体の雇用機会の縮小は、雇用する側からみれば逆に人的資源の増加であり、起業を目指すスモールビジネスは、この状況を(競争戦略に則って)より適した人材を選ぶ好機と捉えるべきだろう。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:34 | Permalink | Comment(0) | 起業論

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ