夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


応仁の乱後の日本

2020年08月01日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 先日「周辺国で完結する市場」の項の最後に、コロナ後の社会のあり方について、「監視社会下でのグローバル資本主義ではなく、よりローカルな“コト”を大切にしてゆくにはどうしたら良いか。さらに考えたい」と書いたが、「里山システムと国づくり」や「個業の時代」の項などでその著書を紹介した藻谷浩介氏(地域エコノミスト)は、今の日本の状況を「応仁の乱頃の日本と似ている」と述べておられる。『「再エネ大国日本」への挑戦』山口豊+スーパーJチャンネル土曜取材班著(山と渓谷社)から、山口氏との対談の一部を引用しよう。

(引用開始)

藻谷 「田舎など要らない、都会がすべてだ」という発想は、室町時代中期の応仁の乱の頃の、京都に引きこもっていた公家衆とよく似ていますね。歴史は同じパターンを繰り返すんです。
 応仁の乱を経て、日本中の田舎が、「都に年貢を送るのはばかばかしい」と言い始めました。それで京都の経済基盤は崩壊し、日本は地方地方で経済基盤を蓄えた戦国大名の時代になったわけです。
ですが京都の公家から地方の大名に転身できたのは、京を捨てて高知県の中村に移った土佐一条氏だけでした。これも長曾我部にやられてしまうわけですが、とにかく室町時代半ばまであんなに威張っていた公家は、戦国時代には権力者になれなかったんですね。
 国際化も同じで、地方の大名が南蛮貿易で力を蓄えたのに対し、京都の公家は伝統にこもって西洋社会に無関心でした。
 驚くほど外国に無関心で、内輪の論理で動いているのは、東京の多くの大企業や政府組織も同じです。彼らこそ、昔の京都の公家の現代版ではないでしょうか。(中略)京都の公家が全然気づかないうちに、関ヶ原の東の尾張の国の守護代の、そのまた分家だった織田家が、津島の港を差配して経済力をつけていた。そこから信長が出てくるわけです。独自に大陸貿易をしていた山口の大内氏も富を蓄え、それを接収した毛利氏が強くなる。豊臣政権は大阪の貿易で稼ぎ、徳川政権は辺境だった関東平野の生産力を高めました。他方で、京都の公家の収入源だった荘園は死滅し、京都周辺にいた商人も、大阪や江戸に移住して発展していったのです。
 これから東京の収入源がどうなっていくのかはわかりませんが、エネルギー自給率を高めて経済力をつける地方は、東京がどうなろうとも増えていくでしょう。

(引用終了)
<同書 214−228ページ>

今の時代を応仁の乱頃と比べる視点が面白い。応仁の乱後、日本は群雄割拠の戦国時代へ入っていくわけだが、これからの日本も、エネルギーや食の自給自足が進み、地方が力を付ける時代になっていくという見方である。

 この『「再エネ大国日本」への挑戦』(2020年3月1日発行)という本は、

(引用開始)

<日本には全電力の180%もの再エネが眠っている(環境省)>
日本が化石燃料の購入のために支払った19兆円(2018年度)。
このお金の流れを変えれば、日本は再生する。

2053年には1億人を下回るとされる日本の人口。
超高齢化、年金、地方消滅と多くの問題を抱えるなかで、
若い世代が増え、豊かさを実現しながら、
温暖化対策にも貢献している町がある。
その成功のヒントは、再生可能エネルギーとお金の流れにあった。
日本復興・再生への「明るい未来」を描く渾身のドキュメント!
テレビ朝日スーパーJチャンネル
土曜のメインキャスター山口豊が書き下ろした初の著書。

(引用終了)
<本帯表紙、カバー表紙裏紹介文>

ということで、“ローカルなコト”を大切にしてゆくべきコロナ後の社会へのヒントが多く描かれている。副題は「再生可能エネルギー+循環社会が人口減少と温暖化の危機を救う!」。同書の目次も以下に記しておこう。

序章  再生可能エネルギーと共生する持続可能な新しい社会
第1章 温泉エネルギー・地熱バイナリー発電でV字回復
    福島県・土湯温泉
第2章 豊かな水の小水力発電で若い世代が移住してくる村へ
    岐阜県・石徹白集落
第3章 若い移住者による起業で15億円の経済効果!奇跡の村
    岡山県・西粟倉村
第4章 捨てられていた木が莫大なお金に!「真庭システム」の挑戦
    岡山県・真庭市
第5章 太陽光の集中管理、電気自動車の大量導入でエネルギー自給50%へ
    沖縄県・宮古市
第6章 災害にも強い分散型エネルギー 地場産の天然ガス事業
    千葉県・睦沢町
第7章 再エネ大国へ、識者からの提言
第8章 再生可能エネルギー大国日本の未来

著者と藻谷氏との対談は第7章にある。

 地方は“ローカルなコト”に満ちている。『進化する里山資本主義』藻谷浩介監修、Japan Times Satoyama推進コンソーシアム編(株式会社ジャパンタイムズ出版)という本も出版された(2020年5月5日発行)。これは、

(引用開始)

<地方は“消滅”しない>
実践例から見えてきた
地域経済は関係人口でよみがえる。

金銭的利益最優先の「マネー資本主義」のアンチテーゼとして、「里山資本主義」が提唱されてから7年。本書では、実践家たちへの取材をもとに、各地で里山資本主義の種がまかれ、芽が出て、花が咲き始める様子を描きながら、そこにあった「成功要因」を明らかにする。お金に依存することなく、人と人とのつながりによって地域活性化を目指す人たちに不可欠なガイドであると同時に、日本と世界が進むべき道を明快に照らしだした1冊。

本書の構成
第1章 「里山資本主義」の目指す世界
第2章 周防大島が“里山資本主義のふるさと”と呼ばれる理由
    ―20年間の地方再生ストーリー
第3章 人と地域と事業をつなぐ「プラットフォーム」
第4章 「ふるさと創生」から「地方創生」へ
    ―自治体はどう変わったか
第5章 フロントランナーとして注目される実践家たち
第6章 里山資本主義の新たな可能性
    藻谷浩介×御立尚資

(引用終了)
<本帯表紙、カバー表紙裏、帯裏表紙紹介文>

という内容で、「里山システムと国づくり」の項で紹介した『里山資本主義』の続編といった体裁。以下、第5章の実践家たちを紹介しておこう。

〇 地域の課題と資源を「生業」に変える
域外に流出した仕事をもう一度自分たちの手に 
赤城直人(一般社団法人アシタカ代表)岡山県真庭市
〇 顧客とのつながりを感じたい
六次産業の本当の意味
石野智恵(広島県倉橋島ちりめん網元石綿水産)
〇 地域資源を活かしたビジネスの先進地・西粟倉村で
  持続可能なコミュニティを実現する
  大島奈緒子(株式会社ようび ようび建築設計室室長)
〇 日本の水産業を救う
  女性起業家が巻き起こした六次産業化という革命
  坪内知佳(株式会社GHIBLI代表取締役)山口県萩市
〇 国産漆を救う活動を行政から民間へ
  松沢卓生(株式会社浄法寺漆産業代表取締役)岩手県

どの起業家たちも生き生きと活動している様子が清々しい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:44 | Permalink | Comment(0) | 起業論

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ