夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


集団の時間

2008年07月01日 [ 非線形科学 ]@sanmotegiをフォローする

 以前「アフォーダンスと多様性」の中で、「個」における、脳(t = 0)と身体(t = life)という2種類の時間について述べ、この2種類に対応する「集団」の時間とはどのようなものなのかと疑問を投げかけておいた。今回はそれについて考えてみよう。

 その前に、もう一度「個」の時間について振り返ってみる。「個」には、脳(t = 0)と身体(t = life)の2種類の時間があった。脳(t = 0)とは、脳が常に「現在進行形」であることを指している。以前の議論を思い出して欲しい。

 『さて、アフォーダンス理論の重要な点の三つ目は、「知覚システム」には終わりがないということだ。どういうことかというと、我々は、世界の何処で何をしていようが、常に世界全体を(一挙に)把握しているということである。知覚システムは常に環境からの情報をそれまでの情報に重ね合わせて修正を加え続ける。たとえば、今あなたはPCの画面を覗いているが、画面の後ろにある壁、部屋全体、家や街、そして世界全体を(一挙に)把握している筈だ。あなたの頭の中にはあなたがこれまで体験してきた世界の全てが同時にある。アフォーダンスではこれを「異所同時性」と呼ぶ。つまり、脳は常に「現在進行形」なのだ。』(「アフォーダンスについて」)

 脳が常に「現在進行形」であるのに対して、(脳を含む)身体には人それぞれ「寿命」がある。身体(t = life)とは、限りある自分の身体時間(寿命)のことであった。生き物は人に限らず全て固有の寿命を持つ。「ゾウの時間 ネズミの時間」本川達雄著(中公新書)の紹介文を引用しよう。

 「動物のサイズが違うと機敏さが違い、寿命が違い、総じて時間の流れる速さが違ってくる。行動圏も生息密度も、サイズと一定の関係がある。ところが一生の間に心臓が打つ総数や体重あたりのそうエネルギー使用量は、サイズによらず同じなのである。本書はサイズからの発想によって動物のデザインを発見し、その動物のよって立つ論理を人間に理解可能なものにする新しい生物学入門書であり、かつ人類の将来に貴重なヒントを提供する。」(本のカバーの紹介文)

 ここまでは良いだろう。「個」には、脳(t = 0)という「現在進行形」の時間(自己言及性)と、身体(t = life)という「寿命」時間(一過性)の2種類の時間があるわけだ。それではそれが「集団」の時間とどう切り結ぶのか。

 結論からいうと、「集団」(=社会)にも2種類の時間があるのである。ひとつは都市 (t = interest)の時間であり、もう一つは自然 (t = ∞)の時間である。ここでいう「都市」とは人が便利さを求めて作り出したもの全般を指す。「個」に2種類の時間があるのならば、その集合体であるところの「集団」にもそれに対応する2種類の時間があるのだ。

 都市の時間は人間の脳(t = 0)の時間に対応し、自然の時間は人の身体(t = life)の時間に対応する。皆さんは、「集団」の時間はこの世にただ一つと教えられてきただろう。過去から未来へ滔々と流れる均一の時間。しかしよく考えてみれば、そのことを証明した人はいないし、「集団」の時間が一つでなくてはならない理由はなにもない。

 集団においては、人の脳が作り出したものに、何らかの公共的な序列をつける必要が出てくる。公共的な序列に組み入れられたもの(値段が付けられたもの)は、市場を介して流通させることが出来る。その値段を決める市場の時間原理が金利(=interest)なのである。利率は社会によって異なる。

 身体は自然から生まれ自然へと還るものだ。だから自然 (t = ∞)は、「個」における身体(t = life)の時間と対応する。自然においては全てのものが循環する。循環する時間には果てがない。t = ∞というのは、自然の時間は無限大という意味である。厳密に言えば自然にも寿命があるのだろうが、人知の及ばない範囲の問題なのでここでは無限大としておいてよいだろう。

 都市は個々人の「主格」が作り出すものであり、自然は「環境」が主役だ。「アフォーダンスと多様性」の最後に、集団の時間を考えるには『思考の原点に自分という「主格」を置く英語的発想と、「環境」を主体にして思考する日本語的発想の違いが補助線となる』と書いたのはそういう意味である。社会にとって重要なのは両者(都市と自然)のバランスである。

 さて、社会問題の多くは、この2種類の時間の混同から起こる。たとえば政治と宗教。政治は自然(t = ∞)の時間には関与できないし、逆に宗教は都市 (t = interest)の時間に関与すべきではない。なぜなら、政治とは人が作り出したシステムであり、宗教とは人知を超えた自然の力の別名だからだ。前者は効率が重要であり、後者は効率とは無関係だ。それを混同し、ある政治体制が永遠に続くと幻想したり、逆に宗教が人間社会すべてに超越すると妄想したりするのは間違っている。それはあたかも「個」において、脳が自分を唯一の存在だと思い込んだり、逆に何も考えずに全てを感情に任せて暮らせば万事上手くいくと考えるのと同じレベルの間違いだ。イエスの福音書を待つまでもなく、「カエサルのものはカエサルへ、神のものは神へ」ということなのである。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:38 | Permalink | Comment(0) | 非線形科学

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前(必須)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(必須)

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ