夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


視覚を巡る認知の諸相

2013年05月28日 [ 非線形科学 ]@sanmotegiをフォローする

 先日「認知の歪みを誘発する要因」の項で、歪みの可能性要因を内と外に分け、

<内的要因>

体全体:病気・疲労・五欲
脳(大脳新皮質)の働き領域:無知・誤解・思考の癖(くせ)
身体(大脳旧皮質・脳幹)の働き領域:感情(陽性感情と陰性感情)

<外的要因>

自然的要因:災害や紛争・言語や宗教・その時代のパラダイム
人工的要因:greedとbureaucracyによる騙しのテクニック各種

と纏めたけれど、最近、視覚を通した認知について面白い本を読んだのでご紹介しよう。“ひとの目、驚異の進化”マーク・チャンギージー著(インターシフト)がそれで、この本には、四つの視覚能力についてこれまでの常識とは異なった知見が披露されている。副題には“4つのすごい視覚能力があるわけ”とある。その四つとは、

第1章 感情を読むテレパシーの力
第2章 透視する力
第3章 未来を予見する力
第4章 霊読(スピリット・リーディング)する力

で、第1章には「カラフルな色覚を進化させたわけ」第2章には「目が横でなく、前についている便利なわけ」第3章には「現在を知覚するには、未来を見る必要があるわけ」第4章には「脳が文字をうまく処理できるわけ」との副題がついている。著者による纏めの部分を引用しよう。

(引用開始)

 第1章で取り上げた色覚は、感情やそのほかの状態を肌から読み取れるようになるために選択された。第2章で取り上げた前向きの目は、見通しの悪い環境で透視能力を使えるようになるために選択された。そして、第3章で取り上げた錯視は、現在を知覚できるように選択された未来予知能力の結果だった。
 自然淘汰はあらゆる動物の目を形作ったが、人間の目には一つ、ほかの動物には見られない特徴がある。私たちの目は外に向かって働きかけ、世界を形作るのだ! 目は―――そして私たちは―――文化を通してそうする。つまり、視覚の超人的な能力を進化させる第二の道があるということで、それはこの最終章での霊読に関する話を理解する上で決定的に重要になる。私たちは、文化を通して、目に合うように周りの世界を変えられる。自然淘汰は、目が自然のものを上手に処理できるようにした。そこで、文化は自然界のものと似た特性を持つ視覚的記号を進化させた。目ができるかぎりうまく処理できるように。

(引用終了)
<同書 273−274ページより>

 詳細は本書をお読みいただきたいが、この本には、このブログで書いてきたことを補う知見が多く含まれていると感じる。第1章の話は、肌の境界性(「皮膚感覚」)と、社会的動物としての人(生産と消費論)、第2章の話は、ものごとを複眼で見ること(「複眼主義とは何か」)の重要性、第3章の話は、脳の時間が現在進行形(t = 0)であること(「アフォーダンスと多様性」)、第4章の話は、さらに文字の「筆蝕体感」や言葉の「発音体感」へと発展する筈だ。

 全体として、視覚に関するこれらの話は、アフォーダンス理論における自己意識(自己と世界との関係)を想起させる。世界は人の能力をアフォードし、人は知覚を通して世界に意味を与えるのだ。

 この本の内容まだ仮説の部分が多いかもしれないが、こういった最先端の知見を検証することで、その分野の無知・誤解・間違いを少なくしていくことが、認知の歪みを減らすことに繋がる。これからもこういう面白い本があったらご紹介していきたい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:39 | Permalink | Comment(0) | 非線形科学

小さな町

2013年05月21日 [ 街づくり ]@sanmotegiをフォローする

 “スローシティ”島村菜津著(光文社新書)という本を興味深く読んだ。サブタイトルに“世界の均質化と闘うイタリアの小さな町”とある。まず本カバー裏の紹介文を引用しよう。

(引用開始)

日本を覆っていく閉塞感の一つに、私は、生活空間の均質化というものがあるように思う。郊外型の巨大なショッピングモール、世界中同じような映画ばかり上映するシネコン、画一的な住宅街、駅前や国道沿いに並ぶチェーン店……。だが、私たちにこの世界の均一化から逃れるすべがあるのだろうか。世界のどこにもない個性的な町など、おとぎ話に過ぎないのか。
そんなことを自問しながら、私はイタリアの小さな町を訪ねた。スローシティやイタリアの美しい村連合に共鳴した小さな町、ショッピングモールの締め出しに成功した町、フェラガモが創り上げた大農場やオーガニックの父と呼ばれた人物の住む村―――。
グローバル化社会の中で、人が幸福に暮らす場とは何かということを問い続け、町のアイデンティティをかけて闘う彼らの挑戦に、その答えを探る。

(引用終了)

 先日「世界の問題と地域の課題」の項で書いた、「世界の問題」の一つの表質形態が「世界の均質化」だと思う。「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅」は、産業システムとして効率の良い大量生産・輸送・消費へ向かうから、結果として生活空間の均質化を招く。この本のサブタイトルにある“世界の均質化と闘うイタリアの小さな町”という言葉は、この世界問題に対処するイタリア人たちの方法の一つが、「小さな町」を作ることだと語っている。

 一方、世界は21世紀に入り“モノからコトへ”のパラダイム・シフト(モノコト・シフト)の時代を迎えている。「場所のリノベーション」の項などで述べたように、「世界の均質化」は「コトの起こる場所」の喪失でもあるわけだから、「小さな町」づくりは、モノコト・シフトの最前線でもあることになる。

 私はイタリア社会の事情(歴史や経済、地理や人口構成など)に明るい訳ではないけれど、「カーブアウト III」の項などで紹介した“ボローニャ紀行”井上ひさし著(文藝春秋)を読むと、イタリア地方都市の自治に関する伝統の一端が伺える。日本も明治の開国から150年近く経ったわけだから、そろそろ真剣に過去を見直して、新しい国づくりを考える時期に来ているのではないだろうか。日本でも、このイタリアの試みは大いに参考になるのではない筈だ。島村氏も、本の最後に「場所のセンスを取り戻すための処方箋」と題して、日本でも応用できる没場所化を克服するためのポイントを箇条書きにまとめておられる。詳細は本書をお読みいただくとして、以下そのポイントを列挙しておこう。

1.交流の場をどんどん増やそう
2.魅力的な個人店は、意地でも買い支えよう
3.散歩をしながら、地元のあるもの探しをしよう!
4.ゆっくり歩いて楽しめる町を育てよう!
5.どうせやるなら、あっと驚く奇抜な祭りを!
6.水がただで出てくるありがたさを今、噛みしめよう!
7.エネルギー問題は、長い長いスパンで考えてみよう
8.そろそろ、人を惹きつけるような美しい町を創ろう

ということで、話はこのブログのカテゴリ「街づくり」や「起業論」の各項へと繋がっていく。イタリアの小さな町の試みに想いを馳せつつ、地元で何ができるか考えよう。スモールビジネスのチャンスもあるに違いない。尚、島村氏については、以前「元気なリーダー」や「牡蠣の見あげる森」の項でもその著書を紹介したことがある。併せてお読みいただければ嬉しい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:30 | Permalink | Comment(0) | 街づくり

認知の歪みを誘発する要因

2013年05月13日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 経営を圧迫する認知の歪みの弊害については、これまで「認知の歪み」や「世界の問題や地域の課題」などの項で述べてきたが、その認知の歪みを誘発する、様々な要因についても考えてみたい。その前に「認知の歪み」のパターンを整理しておこう。

二分割思考(all-or-nothing thinking)
過度の一般化(overgeneralization)
心のフィルター(mental filter)
マイナス思考(disqualifying the positive)
結論への飛躍(jumping to conclusions)
拡大解釈と過小評価(magnification and minimization)
感性的決め付け(emotional reasoning)
教義的思考(should statements)
レッテル貼り(labeling and mislabeling)
個人化(personalization)

 これらの歪みを誘発する内的要因は、脳や身体に起こる様々な出来事だ。必ず誘発するわけではないが、まず、病気、疲労、五欲(食・睡・排・名声・財)そのもの、の三つを挙げておきたい。体が健康でなかったり、疲れすぎていたり、五欲への執着があると、頭の切れが悪くなって認知の歪みに陥りやすい。

 上の三つは体全体への影響だが、特に脳の働き(大脳新皮質の働き)領域に関しては、上に加えて、無知、誤解、思考の癖(くせ)の三つを挙げることができる。人は誰でも知らないことがあり、誤解したり思考の癖があったりするわけで、そういったこと自体が悪いわけではないが、それらはいづれ認知の歪みを誘発するから、人は学ばなければならないし、誤解や思考の癖による間違いについては、その可能性について常に自覚的でなければならない。

 特に身体の働き(大脳旧皮質・脳幹の働き)の領域としては、感情そのものを挙げることができる。感情を、陽性感情(愛情・楽しみ・嬉しさ・幸福感・心地よさ・強気など)と陰性感情(怒りと憎しみ・苦しみ・悲しさ・恐怖感・痛さ・弱気など)とに分けると、陰性感情のほうが認知の歪みに結びつきやすいようだ。“「つながり」の進化生物学”岡ノ谷一夫著(朝日出版社)に、

(引用開始)

 悲しみ、怒りといったネガティブな感情は、人をだましやすいものです。悪いことというのは生存に影響するから、生き物は悪い情報のほうに動かされやすい傾向があります。悪い情報は、それが間違っているとしても、さしあたりそれを避けるような行動を誘発しやすいわけですね。

(引用終了)
<同書 204ページ>

とある。自律神経バランスなどの身体管理に気を配って、陰性感情への過度の傾斜には歯止めをかけなければならない。尚、このブログでいう脳の働き、身体の働きについては、「脳と身体」の項を参照していただきたい。

 自戒を込めて書くが、それでも人は、内的要因による認知の歪みから完全に自由であることは出来ない。特に何かの専門家であればあるほど、それ以外の事柄について認知の歪みに陥りやすいことは特筆しておく必要があるだろう。専門家や高学歴者は、自分の専門領域の知識や見識でほかのこと類推しがちだ。だから、認知の歪み、なかでも過度の一般化(overgeneralization)や、拡大解釈と過小評価(magnification and minimization)などに陥りやすい。

 これを経営に即して言えば、セールスの専門家は経理のことが分からないし、経理の専門家は技術のことがわからない、技術者は人事のことが分からない、そして、経営のトップは現場のことが分からなくなる、といった困った状態だ。大切なのは、上で述べたようなことに皆ができるだけ自覚的であること、自分の専門分野以外のことも学び、よく話し合って、誤解や間違いをできるだけ少なくすることである。

 歪みを誘発する外的要因には、自然発生的なものと人工的なものがある。自然発生的なもとは、災害や紛争、言語や宗教、その時代のパラダイム(その時代や分野において当然のことと考えられていた認識)や流行などのことで、それらは人々の認知を一様にある方向へ歪ませる。現代のパラダイムとその歪みについては、「“モノからコトへ”のパラダイム・シフト」や「近代家族」の項などを参照いただきたい。

 人工的なものとは、過剰な財欲と名声欲(greed)と官僚主義(bureaucracy)が、人々を認知の歪みに陥れるために編み出す数々の罠のことだ。平たく言えば騙しのテクニックである。人々を認知の歪みに陥れ、巧妙にその資産を奪うのがgreedとbureaurcracyの目的だ。それらは概ね、上に挙げた内的要因を誘引する形を取る。多くの場合、自然発生的な外的要因をうまく利用して、人工的に内的要因を作り出し、人々の認知をその望む方向へ歪ませる。

 古くはいわゆるスリー・エスと呼ばれる政策があった。スリー・エスとは、セックス・スポーツ・スクリーン(映画)のことを指す。日本では戦後、敗戦による焦土化を一種の災害と考えさせ、人々の認知を経済復興というテーマに縛り付けておくために導入された。この政策は主に人々の陽性感情を利用する。

 ショック・ドクトリンと呼ばれる政策もある。災害によって人々がショック状態や茫然自失状態に陥っていることにつけこんで、人々の認知をその望む方向へ歪ませようとするものだ。ほかにも、紛争を戦争へと拡大したり、宗教を装ったり、人々の無知を利用したり、デマや風評を垂れ流して陰性感情を煽ったり、利益を貪る騙しのテクニックにはきりが無い。

 人を病に陥れる騙しのテクニックもいろいろとあるようだ。先日“知っておきたい有害物質100”齋藤勝裕著(サイエンス・アイ新書)という本を読んだが、健康を害する有害物質はこれでもかと思うほど実に多い。本に書かれた以外にもまだまだあるに違いない。「世界の問題と地域の課題」の項で書いたように、greedとbureaurcracyは、産業システムとして、効率の良い大量生産・輸送・消費へ向かう。最近“新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす”水野玲子著(七つ森書館)という本を読んだが、食品や薬の大量生産・輸送・消費は、とくに騙しの温床になりやすいと思われる。

 これらの外的要因にどう対処したら良いのか。残念ながら、内的要因同様、人はこれらの外的要因による認知の歪みから完全に自由であることはできない。しかしその影響について自覚的であることは出来る。面倒でも、一つひとつの事柄についてよく考え、必要ならば現場に足を運び、自分の脳と身体とで事実を確認し、認知の歪みに陥らないよう努力しようではないか。起業している皆さんは、是非内外の要因に騙されないようにして、ビジネスを成功させて欲しい。起業していない人も、騙されないようにして、「自立と共生」の項で述べた精神的自立を果たしていただきたい。

 このブログで提唱している「複眼主義」の考え方は、認知の歪みに陥らないために、思考に複数の軸を設定し、理性と感性、男性性と女性性、母音語と子音語など、様々な二項対比や双極性を相互に関連付け、世の中を包括的に理解し、バランスの取れた考え方を実践しようとするものだ。先日上梓した電子書籍“複眼主義入門”では、そのエッセンスを、図を多く用いてわかりやすく説明している。無料なので是非一度お読みいただければと思う。こちらのfacebook page(サンモテギ・リサーチ・インク)から、5月1日付でアップされた“複眼主義入門.pdf”をクリックしてすぐに閲覧することもできる。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:45 | Permalink | Comment(1) | 起業論

農業的価値観

2013年05月07日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 このブログで提唱している、これからの産業システム(多品種少量生産・食の地産地消・資源循環・新技術)にせよ、スモールビジネス(小規模企業)にせよ、流域思想(山岳と海洋を繋ぐ河川を中心にその流域を一つの纏まりと考える思想)にせよ、“モノからコトへ”のパラダイム・シフト(モノコト・シフト)にせよ、どれも、いわゆる「農業的」な価値観と親和性を持っている。

 “千曲川ワインバレー 新しい農業への視点”玉村豊男著(集英社新書)という本は、この「農業的価値観」を、21世紀の日本人の暮らしのあり方の中心に据えてはどうかという提案である。まず本のカバー裏の紹介文を引用しよう。

(引用開始)

 千曲川流域を活性化したい、就農希望の若者やワイナリー開設を夢見る人の背中を押したい、という思いから始まったプロジェクト「千曲川ワインバレー」。
 流域にブドウ畑や新たなワイナリーを集積、更にはそのノウハウを伝授するワインアカデミーを設立するなど、本書では壮大なプロジェクトの全容を明らかにし、そこから見えてきた日本の農業が抱えている問題や展望にも迫る。様々な実践の先にあったのは「縁側カフェ」や「エコロジカルな生活観光」といった新しいライフスタイルの提案であり、日本農業の可能性だった。

(引用終了)


 農業については、「日本の農業」の項で紹介したようなシビアな見方もあるが、これから先の日本にとって、そういった現実を踏まえつつも、「農業的価値観」を追求することは大切なことだと思う。さらに玉村氏の言葉を本文からいくつか引用しよう。

(引用開始)

 私たちがワインに求めているのは、産地やつくり手によってそれぞれに異なる個性であり、それぞれが違うことによって生まれる付加価値です。(中略)
 ふたつとして同じものがない、というのは、農業のもつ価値にほかなりません。(中略)
 均一でないことや企画にあわないことを、効率的でない、といって切り捨てる時代はもう終わりました。この三十年、あるいは二十年間におけるワインの世界での確信は、農業的価値観を発見した私たちが、ワインが農業のもつ価値をあますところなく表現していることに気づいたときからはじまったのです。
 ひとつひとつ違う、その土地からしか生まれない、自然の力がつくり出す、でもそこにはたしかに人間が介在する……。(中略)
 ワインという商品は、すでに述べたように農業の産物ですから、ひとつとして同じものはありません。
 だから、隣にライバルがあってもいいのです。むしろ、あってくれたほうがいい。同じクリマ(気候)とテロワール(土地)をもつひとまとまりの地域であっても、できるワインはそれぞれに違うのですから、飲み較べてその違いを味わってもらったほうが、よりそのメーカーの個性を理解してもらえるでしょう。その意味で、ワインメーカーは競争より共存を求めるのです。

(引用終了)
<同書 120−124ページ>

競争か協調か」の項で述べたように、ビジネスにおいては、全体の経営資源の多寡によって、競争して勝ち残りを狙うのか、協調して共存を図るのか戦略が分かれるが、ワインにおいては、同じ味の生産量が限られるから、協調して共存を図るメリットの方が大きいというわけだ。

 それにしても最近の日本のワインは味が良くなった。私も近くの酒屋でよく長野や山梨のワインを買ってくる。小布施ワイナリー、五一わいん林農園、井筒ワイン、グレースワイナリーなどなど。

 最後に本の帯に印刷された文章も引用しておこう。

(引用開始)

私はいま会う人ごとの「千曲川ワインバレー」の実現がもたらす未来を熱く語っているのですが、この地域にワイナリーが集積することは、農業を中心とした新しいライフスタイルが多くの人の目に見えるかたちで定着し、それがこれからの日本人の暮らしのあり方を変えていくのではないか、と期待しているからです。信じるか、信じないかはともかく、まず私の話を聞いてください。(本文より)

(引用終了)

 玉村氏のワインづくりについては、以前「里山ビジネス」の項などでも紹介したことがある。言うまでもなく、氏の経営する「ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー」は、理念濃厚な小規模企業の一つである。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:45 | Permalink | Comment(0) | 起業論

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ