夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


理念濃厚企業

2013年04月29日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 “建築家、走る”隈研吾著(新潮社)という本を読んだ。隈氏の著作については、これまでも「場所の力」の項などで紹介してきた。氏の建築は、場所という「コトが起こるところ」の力を最大限利用しようとする。それは“モノからコトへ”のパラダイム・シフト(モノコト・シフト)の時代に相応しい。この本は、氏のそういった建築思想の来歴を、家庭環境やバブル崩壊期の苦労、右手の怪我や、初めて中国で手がけた「竹の家」のことなどを通して、自伝的に跡付けようとしたものだ。その率直な語り口に好感が持てる。新聞の書評を引用しよう。

(引用開始)

 4月開場の新しい歌舞伎座の設計を手がけた建築家が、建築とは何か、建築家とは何者かを、自身と自作を通して語る。バブル崩壊後の10年で地方の建築物をいくつかつくり、「その場所でしかできない」「際立って特別な建築」への思いが深まったという。それは同時に「コンクリートに頼ってできた、重くてエバった感じ」の20世紀的建築の否定でもある。制約があれば、それを乗り越えて面白いものができるという発想で、利き腕の右手の怪我も完全に治さない。建築家に要求されるのは、心身兼ね備えたタフさ。グローバリゼーションの時代、「競走馬」として世界を飛び回る建築家が見れば、日本だけが21世紀に取り残されている。

(引用終了)
<朝日新聞 3/17/2013>

 隈氏は、過剰な財欲と名声欲が生み出した「アメリカンドリーム」、“モノ”の象徴としての「コンクリート」、官僚主義に犯された「サラリーマン」、という三つを否定しながら、「場所」というひとつの言葉にたどり着く。そして最終的に、「何かが生まれるプロセスを、真剣な思いの人たちと共有したい」というシンプルな心情に行き着く。

 前回「世界の問題と地域の課題」の項で、理念希薄企業がはびこる日本の現状打破は、自立した理念濃厚な小規模企業と、その横の連携によてのみ可能だろうと書いたけれど、隈氏の設計事務所(総勢150人)は、そういった理念濃厚な小規模企業の一つだと思う。今この建築家が面白い。

 ところで、新聞の書評にもある新歌舞伎座だが、先日柿葺(こけら)落四月大歌舞伎に行ってきた。建物や内装は素晴らしいが、やはり背後霊のように聳える高層ビルが目障りだった。それは、昨今出来た三菱一号館や東京駅舎、郵政ビルの復元建築と同様な敷地光景だ。一極集中が招いた余裕の少ない東京都心の風景。しかし今の日本社会において、一企業の力で歌舞伎とその周辺の社会資本を運営維持していくのが大変なことは分かる。隈氏はこの本で、歌舞伎座について、

(引用開始)

 歌舞伎座をコンクリートのハコの一つにしようとする外部の圧力とは、戦い抜く気持ちでした。

(引用終了)
<同書 63ページ>

と語っている。自らが出来るだけのことをすれば、歌舞伎座がコンクリートのハコになってしまうことだけは避けられるだろう、そんな思いで隈氏はこの設計を引き受けたに違いない。「1963年」の項で、村上春樹の小説に言及して、

(引用開始)

 現実が「暗澹たる“1Q84”の世界」だとしたら、いずれ「“1Q84”の世界をどうするか」ということが書かれねばならない。私が思うところ、その戦いは、青豆と天吾が手を取り合ったように、一人ひとりの精神的「自立」と、信頼するもの同士の「共生」によってなされる筈だ。そしてその戦法は、敵と無闇に刃を交える決戦主義ばかりではない筈だ。

(引用終了)

と書いたけれど、隈氏も建築の世界において、決戦主義ではない方法で「アメリカンドリーム」「コンクリート」「サラリーマン」という敵(私の言葉でいえば「人の過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出す「壁」というシステム」)と戦っておられるのだと思う。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 17:29 | Permalink | Comment(0) | 起業論

世界の問題と地域の課題

2013年04月23日 [ 公と私論 ]@sanmotegiをフォローする

 先日「認知の歪みとシステムの自己増幅」の項で、「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅」は、人の過剰な財欲と名声欲がイニシエーター(initiator)であり、官僚主義が実行部隊(executor)、認知の歪みがプロモーター(promoter)であると論じ、「理念希薄企業」の項で、それを会社組織に即して眺めてみた。

 演説の草稿風に纏めれば、
-------------------------------------------------------
社会の自由を抑圧するのは、人の過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出す「壁」というシステムの自己増幅、さらに我々の認知の歪みがそれらを助長する。システムの自己増幅を担うのは官僚主義。

What suppress freedom of our society are human greed, and the “wall” system created by human greed with its self re-productions carried on by bureaucracy, which are furthered by our cognitive distortions.
-------------------------------------------------------
という具合。いかがだろう。

 この「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅」は、いわば人類共通の問題である。世界(地球規模)の問題は、このほかに「環境破壊」と「貧富格差の拡大」の二つを挙げることが出来るだろう。これらは互いに作用しながら、今の「世界の問題」の全体を形成している。

 従って、これからの人類は、この三つを克服し、その上で、個人の生き方の自由と、文化の多様性を守らなければならない。と同時に、世界は21世紀に入り、 “モノからコトへ”のパラダイム・シフト(モノコト・シフト)の時代を迎えているというのが私の認識だ。

 このブログでは、日本社会に相応しいこれからの産業システムとして、多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術の四つを挙げ、それを牽引するのは、フレキシブルで、判断が早く、地域に密着したスモールビジネスであると論じている。これは、世界の今の状況を、日本社会の事情(歴史や経済、地理や人口構成など)に当て嵌めた場合の考え方だ。世界は勿論全て繋がっているから、物品の輸出入はあるし、日本から大量生産・輸送・消費が無くなるわけではないけれど、これからの日本社会を牽引していくのは、起業理念の濃厚な小規模企業(とその横の連携)だと考える。

 そう考える一端を述べよう。日本社会は、冒頭の三種、

1.イニシエーター(過剰な財欲と名声欲)
2.実行部隊(官僚主義)
3.プロモーター(認知の歪み)

のうち、歴史的・文化的背景から、2.の官僚主義が、ことのほか肥大化した社会だ。詳細はこのブログの「公と私論」や「言葉について」などのカテゴリで縷々綴ってきたから繰り返さないけれど、リスクをとらない、波風を立てない、といったメンタリティが、日本社会を濃い霧のように覆っている。官僚主義は、国の機関や民営化された組織、理念を失った会社や学校、その他惰性に流されたあらゆる組織、職業に忍び込んでいる。この現状の打破は、新しい“コト”を起こす自立した理念濃厚なスモールビジネスと、その横の連携によってのみ可能だろう。

 「理念希薄企業」の項で述べたように、理念を失った組織の運営目的は「利益」だから、そのためには効率が優先される。公的機関では弱者の切り捨てが行なわれるだろう。そのままだと個人の海外移住が増えていくに違いない。産業システムでは、効率の良い大量生産・輸送・消費に向かう。しかしいま日本は経済的・社会的状況からして多品種少量生産の時代を迎えているから、多くの理念希薄企業は必然的に海外との競争に敗れていくだろう。

 世界規模の問題は、世界規模で正すことができればいちばん良いのだろろうが、我々人類はまだそのような便利なツール(tool)を持っていない。あるのはあくまでも、国や地域における政治、経済、産業、言語といったローカルなシステムでしかない。国や地域によって、その置かれた政治や経済、文化や自然の状態は異なっている。だから、人々はそれぞれの国や地域で、「世界の問題」にそれぞれ対処していかなければならないのだ。人類の目指すところは同じだとしても。これからも「世界の問題と地域の課題」、そしてその処方箋についていろいろと考えてゆきたいと思う。

 先回触れた村上春樹の新作“色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年”(文藝春秋)に関して一言付け加えておきたい。「1963年」の項で書いた「“1Q84”の世界をどうするか」という課題について、歴史と向き合うことの重要性、個人の精神的自立と信頼するもの同士の共生の必要性については充分描かれているものの、「社会の自由を抑圧するのは、人の過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅、さらにそれを助長するのが我々の認知の歪み」との戦いの観点でいえば、今回は、共同体員の認知の歪みを巡る旅と、そこからの回復に終始した内容で、過剰な財欲と名声欲、あるいはそのシステムについてはほとんど触れられていない。“1Q84”の主人公(天吾)が最後に到達した「父性」についてもあまり言及されていない。それらは以降の作品に引き継がれるのだろう。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:21 | Permalink | Comment(0) | 公と私論

海辺にて

2013年04月15日 [ プレイリスト ]@sanmotegiをフォローする

 いつも音楽で作っているプレイリスト、今回は趣向を変えて、音楽の代わりに短編小説で作ってみたい。音楽の場合の自主ルールは、A面6曲、B面6曲、全12曲としてあるけれど、短編小説の場合は12編では長すぎると思うので、プレイリスト全体で半分の6編ということにしよう。これも自主ルールだけれど、平均的な短編小説集は、だいたい5−6編くらいで構成されているのではなかろうか。

 短編小説プレイリスト第一作は、今新作で話題になっている村上春樹の作品から選ぶこととしたい。彼は長編作家だけれど、長編小説を交響曲とすれば、短編はソナタ、もしくはソナチネといった風情、あるいはジャズやロックの一曲に相当する感じがする。だから選びやすい。プレイリストのタイトルは「海辺にて」。数ある彼の短編小説から、海に関するものを6編選んでみた。

「1963/1982年のイパネマ娘」
「5月の海岸線」
「ハンティング・ナイフ」
「七番目の男」
「ハナレイ・ベイ」
「中国行きのスロウ・ボート」

海に関するものは他にもあるけれど、なぜこの6篇なのかというと、それぞれの作品の印象が、

「1963/1982年のイパネマ娘」<青春の海辺>
「5月の海岸線」<失われた海辺>
「ハンティング・ナイフ」<生きる>
「七番目の男」<死と喪失>
「ハナレイ・ベイ」<死と再生>
「中国行きのスロウ・ボート」<死と希望>

ということで、海をテーマに、青春から喪失、生と死、再生と希望まで、私の脳裏で印象が繋がっていくからだ。場所がブラジル、神戸、沖縄、日本、ハワイ、中国と、インターナショナルなのも村上春樹らしくて良いと思う。

 音楽のようにジョギング中に楽しむわけにはゆかないだろうけれど、これから暖かくなるから、是非、海辺で順番に読んでみていただきたい。あなたの脳裏に、私の印象と似たものがうまく繋がってゆけば成功というものだ。

 参考までに、それぞれの短編小説が掲載されている文庫(小説集)を載せておこう。

「1963/1982年のイパネマ娘」(“カンガルー日和”新潮文庫)
「5月の海岸線」(“カンガルー日和”新潮文庫)
「ハンティング・ナイフ」(“回転木馬のデッド・ヒート”講談社文庫)
「七番目の男」(“レキシントンの幽霊”文春文庫)
「ハナレイ・ベイ」(“東京奇譚集”新潮文庫)
「中国行きのスロウ・ボート」(“中国行きのスロウ・ボート”中公文庫)

文庫本5冊だから海辺へ持っていってもそれほど嵩張らないと思う。

 ちなみに、彼の新作“色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年”(文藝春秋)、さっそく読んで見たが、これは東日本大震災被災者の応援のために書かれたような気がする。「一旦失われた共同体と個人(主人公)のそこからの回復」ということで。一箇所だけだけれど、大地震と大津波の比喩が使われているところ(45ページ)があるし、多崎という名に東北のリアス式海岸が隠れているというコメント(昨日の毎日新聞書評欄)はおそらく正解だろう。つくるという名も日本の復興に相応しい。ストーリーの展開に多少無理があるけれど、それは、出来るだけ早くあの災害に「言葉」を与えようとした作家の気持ちの表れだと思う。全体として心温まる作品に仕上がっている。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:03 | Permalink | Comment(0) | プレイリスト

理念希薄企業

2013年04月09日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 先日上梓した電子書籍“複眼主義 起業論”の中で、

(引用開始)

 会社を非難する場などで、よく「大企業のくせに」という言葉を聞くことがありますね。資産や売り上げ、従業員数などが大きいくせにやっていることが社会の為になっていない、といった意味なのでしょうが、私はこの「大企業」という言葉があまり好きではありません。「大」という言葉には、「大人」や「大学」のように、レベルが高いという意味が内包されているように思います。会社で最も大切なのは、「理念と目的」であり、図体がいくら大きくても、「理念と目的」が希薄な会社は、けっしてレベルの高い一流企業ではありません。ですから、そういう会社のことは、「大企業」ではなく「理念希薄企業」と呼びたいと思っています。世の中には、「大企業」と「中小企業」があるのではなく、理念と目的をしっかり持った「理念濃厚企業」と、そうでない「理念希薄企業」が存在する、というわけです。

(引用終了)
<同書「ホームズとワトソン II」の項より>

と書いた。会社の理念の重要性については、先日「理念(Mission)先行の考え方」の項でも触れたところだ。

 先々回「認知の歪みとシステムの自己増幅」の項で、「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅力」について述べたが、会社組織において、この「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅力」が発現するのは、そういった「理念希薄企業」に於いてである。どういうことか説明しよう。

 電子書籍“複眼主義 起業論”でも書いたように、会社とは、そもそも社会の役に立つために存在するはずのものだ。会社は、複眼主義で言うところの「生産」(他人のための行為)を、個人を超えた規模で行なう場合に設立されるもので、会社の「理念」とは、その会社がどの分野で、どのように社会へ貢献しようとするのかを表現した声明文(Statement)である。そして会社の「目的」とは、その会社が具体的に何を達成したいのかを纏めたものだ。だから、会社にとって、「理念と目的」はその存在意義に関わる最も大切なものの筈である。

 「理念希薄企業」とは、その最も大切な「理念と目的」、なかでも「理念」を失った、あるいは失いかけた企業を指す。そういう会社には、弱った体に活性酸素が増殖するように、「過剰な財欲と名声欲、そしてそれが作り出すシステムの自己増幅力」という病原が忍び寄ってくる。

 先々回の「認知の歪みとシステムの自己増幅」に沿って「理念希薄企業」を覗いてみよう。勿論そういう会社が起業当時の「理念」を思い出して、あるいは見直して、「理念濃厚企業」として再生する場合もあるだろうが、ここでは病原に犯された会社の姿を覗いてみたい。

 まずその企業の株主と経営トップに、起業したときの人たちに代わって、財欲と名声欲(greed)の権化のような人たちが陣取っているのが見える。かれらの会社運営の目的は「利益」である。そしてその利益から得られる配当である。次に見えてくるのは、中間管理層としての官僚たち(bureaucrats)である。彼らは会社の組織を粛々と運営し、その拡大を図り、それが生み出す財と名声のおこぼれを株主と経営トップから貰いながら、ときには株主と経営トップを代弁して社会に対して偽りの情報を流す。さらに見ると、「理念希薄企業」には、実に大勢の「顔なし」たちが生息している。かれらは、経営トップや中間管理層の言うことを無批判に受入れて、そのまま信じ込んでしまう「認知の歪み」を抱えた人たちだ。

 いかがだろう、いささかグロテスクに「理念希薄企業」を描写したけれど、皆さんの周りにも、昨今こういった会社が少なくないのではあるまいか。「真っ当な人間」であれば、誰でも「理念濃厚企業」で働きたいと思うに違いない。そして、もし自分に、個人を超えた規模で「生産」(他人のための行為)をしてみたい分野があるのであれば、準備万端整えた上で、理念濃厚なスモールビジネスとして「起業」することをお勧めしたい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:57 | Permalink | Comment(0) | 起業論

古層の研究

2013年04月01日 [ 街づくり ]@sanmotegiをフォローする

 “中央線がなかったら見えてくる東京の古層”陣内秀信・三浦展共著(NTT出版)という面白い本を読んだ。まずは新聞の紹介文を引用しよう。

(引用開始)

 東京の西部を東西に走るJR中央線。沿線には人気の住宅街が広がり、大きな存在感を示している。だが関東大震災の被災者が同線の中野駅から三鷹駅までの辺りに移り住むまでは、やや離れた青梅街道や甲州街道沿いの方がにぎわっていた。本書は中央線がなかったころの東京の姿をフィールドワークによって明らかにする。昭和以降「公害」「ニュータウン」と呼ばれた地域に実は古くから人が暮らし、長い歴史があることが分かる。

(引用終了)
<日経新聞 1/27/2013>

 このブログでは、これからの街づくりの考え方として、山岳と海洋を繋ぐ河川を中心にその流域をひとつの纏まりと考える「流域思想」を提唱しているが、「鉄道」という近代社会のインフラを外すと、見えてくるのはその土地に根付いた古い「流域価値」だ。本書の両氏の対談からそのことに触れた箇所を引用したい。

(引用開始)

三浦: 実際に、江戸以前の古代・中世の世界を探る手法として、陣内さんが指摘される、川や湧き水(湧水)、神社、古道に注目する視点は、面白いと思いました。私も曲がりくねった道が好きですが、それが古代・中世、江戸時代からあるかと思うと、また街歩きの面白さが倍化します。
陣内: 中沢新一さんは著書『アースダイバー』で、宗教空間、お墓を縄文地図にマッピングする面白い方法で、東京の古層に光を当てています。われわれもずっとおなじ発想で見てきましたが、さらに「古道」が面白いと思っていました。古道は、必ずいい場所に通っているんです。
三浦: 実際に調査されたのは、いつごろのことですか。
陣内:一九九七年と九八年にかけて杉並区で調査をしています。実は紀元前一五〇〇年からローマに滅ぼされる紀元前三〇〇年まで続いた地中海のサルディーニャ島の文明の調査をしたことがきっかけです。その地域では、湧き水を大事にしてそこに聖域(後の時代も重要な場所となっていた)をつくり、それら聖域を結んだ古道を今でも辿ることができました。日本に戻ってきて、湧水、聖域、古道に注視して杉並区で応用したら、見事にあてはまったんです。
三浦: 僕は、川の暗渠を辿って歩くことも好きなのですが、「川」も東京の構造を知るうえで、欠かせないものですよね。
陣内: ええ。近代の開発で見えづらくなっていますが、東京にたくさんある川とセットにしながら地形に目を向けると、武蔵野や多摩にかけて本当の都市や地域の骨格、風景が見えてくるんですよ。
 例えば、杉並区でも桃園川は暗渠になっていますが、妙法寺川、善福寺川、神田川の四つの川が流れ、放射状になっている。
三浦: 鉄道は近代になってからのインフラですが、地域の構造を決めていた、それまでの重要なインフラは街道と「川」ですね。しかし昔の地図をよく見ると、街道などの道が川に沿って、山と谷の地形に沿って存在することがわかりますね。
陣内: そうです。人々の生活には水が必要なので、川の周辺に少し小高く安全なところに人間が住みます。しかも、東京には古来から崖線が多く、川沿いに侵食されて崖があり、そこに水が湧く(湧水)。すると、その近くに神社、聖域ができ、周りに人が住み、近世の集落につながっていくのです。善福寺川沿いには、縄文、弥生時代の遺跡や古墳も発見されています。(後略)

(引用終了)
<同書 20−22ページ(フリガナは省略)>

ということで、人は昔から、河川とその「流域」を大切にしてきた。この本が扱っている東京西郊には私も長く住んでいるので、フィールドワークの知見が特に身近に感じられた。

 「流域価値」の項で、これからの街づくりに必要なのは「新しい家族の価値」と古い流域価値との融合(fusion)ではないだろうか、と書いたけれど、この本の著者お二人の問題意識も同じ辺りにあると思われる。さらに本書から引用したい。

(引用開始)

 通勤に明け暮れ、ベッドタウンに寝に帰るライフスタイルはもう古い。地元に目を向け、地域の面白さを発見することが、ますます重要になるに違いない。日常の暮らしの意識が鉄道と駅に意識を支配されている従来の精神構造から、ぜひとも脱出し、自由な発想に立って地域に眠っている資産を発見してみたいものである。

(引用終了)
<同書 137-138ページ>

このブログでは、これからの産業システムとして、多品種少量生産、食の地産地消、資源循環、新技術の四つを挙げているが、ビジネスにおいても、地域に眠っている資産を活性化させ、それを自らの商売に結びつけてゆくのが、成功の鍵の一つであるに違いない。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:49 | Permalink | Comment(0) | 街づくり

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ