夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


複眼でものを見る必要性

2011年01月25日 [ 公と私論 ]@sanmotegiをフォローする

 ここまで「継承の文化」「継承の文化 II」の両項で、街づくりにおける「過去と現在との繋がり」の重要性について考察してきたが、街づくりには、過去の歴史と現在だけではなく、外部からの新しい息吹も欠かせない。新しい息吹がないと、共同体は縮小均衡に向かってしまう。街づくりにおいて、「新しいものをどう取り入れるか」ということは、「過去と現在との繋がり」と同じように重要な課題である。

 日本では明治以降、海外の新しいものを取り入れるかたちで近代化が進んだ。しかし、それまで長い間「お上」に頼ってきた人々は、海外のものを取り入れる際にも、自己判断によってではなく、「官僚」に頼ることでその支配を受け入れてきた。

 「ゲマインシャフトとゲゼルシャフト」の項で述べたように、近代化社会とは、利害関係に基づいて人為的につくられる共同体であるから、本来個人の自立を前提とする。そうしないと、単に弱いものが虐げられるゆがんだ社会になってしまう。しかし日本人は、海外の新しい息吹を取り入れるに当たり、それまでの「お上に頼る方法」で進めてきてしまった。

 官僚主導で都市化が進められ、効率が優先され、土地が分割され、戦争が行われ、世代が分断され、弱いものが虐げられてきた。その過程で、もともと日本人が持っていた「三世代存在としてのあなた」「至高としてのあなた」も忘れられてしまった。敗戦後、大量生産・消費時代に至って都市化はさらに進み、生産と消費の現場が分断され、流域両端の「奥」が忘れられると同時に、街の中間領域である「外」も多くはシャッター通りに変貌してしまった。その結果が、「奥山は打ち捨てられ、里山にはショッピング・センターが建ち並び、縁側は壁で遮断され、奥座敷にはTVが鎮座する」という日本社会の典型的な姿なのではないだろうか。

 外部から入る新しいものは玉石混交で商売も絡むから、「奥」を大切に守るためには、騙されないようにしなければならない。「騙されるな!」の項で述べたように、騙されないためには自分で物事の本質を見抜くことが必要で、そのためには「精神的な自立」がまず必要となる。自分の考えを主張しながら、最終的には合議で決着するという精神が必要になってくるのである。

 昔は外部から入る新しいものも限られていたので、人里は単なる「奥」の延長でよかったかもしれない。いまでもそういう土地は(島嶼部などに)残っているかもしれない。しかし新しいものの流入が増えたところは、両端の「奥」を守るためにこそ、個人の精神的自立と合議的精神が必要になってくるのだ。

 このことを、小沢一郎氏の「民主党代表選挙投票前決意表明文」(去年9月)の一部を引用しながら考察してみたい。

(引用開始)

 私には夢があります。役所が企画した、まるで金太郎あめのような町ではなく、地域の特色にあった町作りの中で、お年寄りも小さな子供たちも近所の人も、お互いがきずなで結ばれて助け合う社会。青空や広い海、野山に囲まれた田園と大勢の人たちが集う都市が調和を保ち、どこでも一家だんらんの姿が見られる日本。その一方で個人個人が自らの意思を持ち、諸外国とも堂々と渡り合う自立した国家日本。そのような日本に作り直したいというのが、私の夢であります。

(引用終了)
<9/14/2010 MSN産経ニュースより>

この文の前半は、「流域両端の奥」をしっかりと踏まえた街づくりが述べられている。そして後半(“その一方で”以降)で、精神的自立を踏まえた合議的精神が述べられる。「三世代存在としてのあなた」を共有した上で、さらに共同体に対してはっきりとものを言うことが求められている。

 「流域両端の奥」は、「至高としてのあなた」というプライベートな感性によって深化し、「精神的自立を踏まえた合議的精神」は、「公」としての自立した個人を前提とする。このブログでは、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
a 脳の働き−「公(public)」

B Process Technology−日本語的発想−環境中心
b 身体の働き−「私(private)」

という対比を見てきたけれど、「流域両端の奥」=「私(private)」、「合議的精神」=「公(public)」として捉えれば、この両方を上手くバランスさせていく必要性、いわば「複眼でものを見る必要性」があるということだと思う。それは「広場の思想と縁側の思想」の両立と考えても良い。「効率と効用」、「脳と身体」、「都市と自然」のバランスと云っても良いだろう。

 このことは、長く律令国家の「お上」に頼ってきた日本人にとっては、かなり高度な技といわなければならない。とくに「言葉について」などで考察してきた日本語の特質を考えると、簡単なことではないだろう。これまで日本人が長く「お上」に頼ってきた資質は、「階層性の生物学」の項で述べた、日本人の階層性への無頓着な態度とも関連しているに違いない。しかし小沢一郎氏の夢であるところの「流域両端の奥」と「合議的精神」とを両立させるためには、どうしても、複眼視点で行動するという、複雑な手続きが必要になってくるのである。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:55 | Permalink | Comment(0) | 公と私論

継承の文化 II 

2011年01月18日 [ 街づくり ]@sanmotegiをフォローする

 先日「継承の文化」の項において、

(引用開始)

 では、この流域の両端に位置する二つの「奥」と、「内と外」の項で考察した市村次夫氏のいう「みんなのものとしての外」とは、(「里山」や「縁側」といった「中間領域」を挟んで)どのように繋がるのが理想なのだろうか。景観や都市計画を支えるべき新しい理念について、項を改めて考えてみたい。

(引用終了)

と書いたけれど、今回はこのことを、以前「自立と共生」や「内と外」の項で引用した、鳩山首相の所信表明演説における“新しい公共”の考え方と重ねて考察してみたい。

 「継承の文化」の項において、「三世代存在としてのあなた」「至高としてのあなた」への気づきは、日本人が縄文時代から連綿と引き継いできた、流域の両端の「奥」(生としての奥座敷と、魂としての奥山)に対する認識の深化を齎(もたら)すと書いた。

 この認識の深化は、他にもいろいろあるだろうが、人々の出会いの場としての「みんなのものとしての外」に対する認識を変える。

 どういうことか説明しよう。人々が「三世代存在としてのあなた」「至高としてのあなた」について考えを深めれば深めるほど、その「考え」を検証したり裏打ちしたりする為の人同士の出会いが大切になる筈だ。そうなると、(ネットでの出会いも重要だが)人同士が出会う場所としての「街」の重要性が認識される。そのことで「街」の賑わいが増す。人々の出会いの場としての「みんなのものとしての外」は、両端の「奥」に潜む「継承の文化」への認識が深まれば深まるほど、尊いものとなるのだ。

 相場取引に“山、高ければ谷深し、谷、深ければ山高し”という格言があるけれど、流域両端の「奥」が深まれば、流域中央=「みんなのものとしての外」は「山高し」の状態、すなわち「存在意義の高まり」を生むというわけだ。

 このことを逆から言えば、「奥山は打ち捨てられ、里山にはショッピング・センターが建ち並び、縁側は壁で遮断され、奥座敷にはTVが鎮座する」という日本社会の典型的な姿は、明治以降我々が「三世代存在としてのあなた」「至高としてのあなた」について考えてこなかったことにその遠因があるということだ。両端の「奥」が忘れられ、それに伴って「街」が廃れてきたのである。

 流域両端の「奥」は、過去の記憶と現在とをつなぐ。小布施で云えば、その「奥」は、千曲川であり北信の山々であり、松川であり雁田山であり、高井鴻山であり北斎であり、栗や綿やりんごなどを産する農業であり、酒造りであり庭づくりであり、最近集合するところの若い人たちであり、今そこに暮らす人々の胸の内に存在する想いである。皆さんの流域にも、小布施と同じように、独自の「奥」が存在するはずだ。過去の歴史と現在とを結ぶ「継承の文化」があるはずだ。それが未来への糧となる。

 街の活性化は、景観や都市計画を考えるだけでは達成できない。鳩山元首相のいう“新しい公共”の価値観、

(引用開始)

 私が目指したいのは、人と人が支え合い、役に立ち合う「新しい公共」の概念です。「新しい公共」とは、人を支えるという役割を、「官」と言われる人たちだけが担うのではなく、教育や子育て、街づくり、防犯や防災、医療や福祉などに地域でかかわっておられる方々一人ひとりにも参加していただき、それを社会全体として応援しようという新しい価値観です。

(引用終了)
<10/27/09 東京新聞より>

は、景観や都市計画を考えるだけでは生まれない。“新しい公共”=「みんなのものとしての外」には、それを支える支えるべき新しい「理念」がなければならない。その理念こそ、「三世代存在としてのあなた」「至高としてのあなた」の深化、流域における「奥」の深化に他ならないと思う。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:51 | Permalink | Comment(0) | 街づくり

継承の文化

2011年01月11日 [ 街づくり ]@sanmotegiをフォローする

 先日「内と外 II」の項において、

(引用開始)

 ところで、里山と街づくりの三層構造において、「奥」という言葉が、里山流域では一番外側の「奥」山、街づくりでは一番内側の「奥」(私生活)として使われている。流域全体の一番外側と一番内側に、同じ「奥」という言葉が使用されているのは興味深い。流域の両端は、きっと円環面のように、「奥」で繋がっているのだろう。

(引用終了)

と書いたけれど、今回はこの「奥」についてさらに考えてみたい。

 流域の一番外側の奥山と、家の一番内側の奥座敷とを繋ぐ円環があるとすれば、それは勿論物理的なものではなく、「奥」という言葉を使う人々の脳の中に存在するはずだ。

 広辞苑によると、「奥」という言葉には、単に「外面から遠いところ」「行く末、将来」などの意味の他に、「物事の秘密、深遠で知りにくいところ」や「大切にすること」、すなわち「至高の場所」という意味があるという。「奥義」「奥旨」「奥社」「大奥」などなど。

 この「奥」=「至高なるもの」に対する呼びかけ方の一つに、「あなた」という言葉がある。広辞苑によると、「あなた」という二人称は、(最近は敬意の度合いが減じているが)もともと「彼方(あなた)」、すなわち「自分や相手から遠い所」という言葉から転じ、第三者を敬って呼ぶ言葉だという。

 「奥」と「彼方(あなた)」には、共に「至高なるもの」への敬いの気持ちが込められている。

 これまで「生産と消費論」で述べてきたように、人間の存在は、環境(社会)がなければ積極的な意味を持たない。社会という環境を、「他者」という味気ないことばでではなく、この「あなた」ということばで表現し、日本人にとって「あなた」とは何か、を問う力作が“「あなた」の哲学”村瀬学著(講談社現代新書)である。

 著者の村瀬氏は、日本の思想史には、「あなた」についての考察がなく、あるのは「わたし」論や、「他者」論ばかりだったといい、なぜ「あなた」についての考察がなかったのか、ということについて疑問を持ったという。そして、この「あなた」という言葉が、単なる二人称名詞としてだけではなく、いろいろな場面で、親子三代を含む「三世代存在」を表す言葉として、さらには、社会と文化を継承する「至高的存在」を表す言葉として使われてきたことを、いろいろな立場で書かれた文章をみながら論証していく。本の「あとがき」から引用しよう。

(引用開始)

 この本はおそらく日本ではじめての「あなた」論である。日本語で書かれた「あなた」についてのたぶん唯一の、充分に考えられた考察である。(中略)
 早とちりする人は、私の「あなた」論を、三世代を含む家族を大事にしなさいという古い道徳論のように読む人がいるかもしれない。むろん私の「あなた」論は道徳論ではない。私の論は、人間の存在のしかたを「おひとりさま」としてみたり、「現存在」などという無世代的なイメージで見るのではなく、いかにも「個」として存在するように見えるものでも、同時に「三世代存在」として生きているのだという、あたりまえのことを主張する論なのである。その「三世代」は、ふつうに言えば「親」「子」「孫」の三代でイメージされるところがあり、「幼」「成」「老」の三つの世代と重ねられてイメージされるところがあるものだ。しかし、ここで言う「三世代存在」の「三代」は、「親」「子」「孫」と「幼」「成」「老」をともに含んでいる複合イメージである。それは、でも、「家族」として見られる「親」「子」「孫」や、一人の人間の「発展段階」に見られる「幼年期」「成年期」「老年期」のイメージとは、別のものである。そこでイメージされる「世代」は、あくまで長い年月を経てバトンタッチされる「継承の文化」であり、そういう「文化的な存在」としてイメージされるものである。つまり、「三つ」という「世代」というのは、何千年もの長い文明のなかで注視され、形作られてきた「文明史」的な「継承させるしくみ」を呼ぶ呼び方なのである。そんな広大な「紡ぎの存在」をあらためて「あなた」と呼ぼうとしてきた人たちがいたのである。その「紡ぎのしくみ」「紡ぎの存在」を私はあえて「三世代存在」と呼び、さらにそれを「あなた」として考えてみようとし、さらにはその「あなた」の日常の暮らしのなかに(たとえば歌謡曲のようなもののなかにでも)見出せるのではないかと考えてきたのが、この「あなた」論である。

(引用終了)
<同書234−236ページ>

「あなた」のなかに例の「3の構造」が潜んでいる不思議はとりあえず横において置く。村瀬氏は、日本人が「あなた」と呼びかける先は、目の前の相手だけではなく、親子三代を含む「三世代存在」、さらには日本の社会と文化を継承する「至高的存在」であるという。

(引用開始)

 ここまでの章で論じてきたように、私は日本語の「あなた」という言葉のなかには、ちゃんと日常的に使う「二人称としてのあなた」の意味と、何かしら相手に「敬意」を払うときに使う「至高としてのあなた」の意味の、二つの意味をもったしくみがあって、そのしくみはもっと活用されなければならないのではと考えるからである。

(引用終了)
<同書188ページ>

 この「至高としてのあなた」は、流域における二箇所の「奥」、すなわち生きている間は「家の一番内側の奥座敷」、死後は魂(たましい)として「流域の一番外側の奥山」に住むというのが、日本人の生み出した縄文時代からの生死観なのだろう。流域の両端は、確かに「奥」で繋がっているのだ。

 しかし、村瀬氏が言うように、明治以降我々はこの大切な「至高としてのあなた」についてあまり考えてこなかった。だから「奥」ということばの深遠なる意味についても省みることが無かった。「奥山」も「奥義」も忘れられた。それに伴って「里山」も「縁側」も放棄された。奥山は打ち捨てられ、里山にはショッピング・センターが建ち並び、縁側は壁で遮断され、奥座敷にはTVが鎮座する。それが昨今の日本社会の典型的な姿ではないだろうか。

 では、この流域の両端に位置する二つの「奥」と、「内と外」の項で考察した市村次夫氏のいう「みんなのものとしての外」とは、(「里山」や「縁側」といった「中間領域」を挟んで)どのように繋がるのが理想なのだろうか。景観や都市計画を支えるべき新しい理念について、項を改めて考えてみたい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:36 | Permalink | Comment(0) | 街づくり

文庫読書法(2010)

2011年01月04日 [ 読書法シリーズ ]@sanmotegiをフォローする

 これまで「平行読書法」「繰り返し読書法」「立体的読書法」「関連読書法」「時系列読書法」と続けてきた読書法シリーズ、今回は「文庫読書法(2010)」と題して、私が去年読んだ、印象深い文庫本を幾冊か紹介してみたい。

 「文庫」の良さは、値段が手ごろで、小さく持ち運びに便利なことだろう。軽いから寝転んでいても読める。単行本にはなかった解説が付いていたり、著者による「文庫のための後書き」があったりするのも楽しめる。最近は新しく書き下ろされたものも多く、それはそれで楽しめる。

1.Art
“ベーリンジアの記憶”星川淳著(幻冬舎文庫)

 この本の著者星川氏は、私の中学・高校時代の同級生で、先日久しぶりに会った時にこの本の話が出て、そのあとわざわざ彼が送ってくれた。もとの単行本が出版されたのが1995年、文庫になったのが1997年。文庫といえども最近は絶版になるのが早いから、今はなかなか書店では手に入らないかもしれない。ユーラシアとアメリカを繋ぐ陸の橋・ベーリンジアを舞台にした長編小説で、雄大な構想が印象的だ。カバー表紙には、著者と親交のあった写真家・星野道夫氏の遺作が使われている。

2.History
“ショパン 天才の秘話”中川右介著(静山社文庫)

 去年はショパン生誕200年ということで、様々な本が出版された。この本もそのうちの一つ。ショパンが20歳となる1830年前後のヨーロッパを舞台に、同じ時代を生きたロマン派の作曲家たち、ベルリーオーズ、メンデルスゾーン、リスト、シューマンなどの人生を交差させながら、ショパンの青春とその激動の時代を描いている。文庫のための書き下ろし。この本を読んで、さっそくショパン初期のピアノ協奏曲のCDを買った。

3.Natural Science
“性と進化の秘密”団まりな著(角川ソフィア文庫)

 先日「階層性の生物学」の項で紹介した本。単行本は“性のお話をしましょう――死の危機に瀕して、それは始まった”というタイトルで、2005年に哲学書房から出版された。単行本が出たときは読み逃していたけれど、文庫の広告を見て、読むことができた。文庫化に際して、養老孟司氏の解説と、著者による「少し長いあとがき」が加えられた。人間と社会について示唆に富む良書である。

4.Social Science
“セーラが町にやてきた”清野由美著(日経ビジネス人文庫)

 単行本は2002年に出版され、2009年に文庫になった。単行本でも読んでいるけれど、文庫になったので改めて目を通した。セーラ・マリ・カミングスさんは、「内と外」の項で書いた「小布施」の街の活性化に尽くしておられる。日本語と英語のバイリンガルで、優れたマージナル・マン(woman)に違いない。著者による「文庫版のためのあとがき」を読むと最近のセーラの活躍がわかる。セーラさんにお会いしたことはないけれど、小布施に注目している一人として、彼女の活動を応援したい。

5.Geography
“東京ひがし案内”森まゆみ著(ちくま文庫)

 著者の森まゆみ氏は、地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊し、建築の保存や不忍池保全などにも関ってこられた。代表作に“鷗外の坂”(新潮文庫)がある。この本は、著者が東京の東側を中心に案内したもので、雑誌に掲載されたものが去年文庫化された。地図やイラストもあって楽しい。持ち運びに便利だから、この本を手に新春の東京を散策するのも良いと思う。

 ところで、「文庫」は、もともと単行本として出され、その後評価を得たものが文庫化される場合が多かった。だから、当たりはずれの少ないことが文庫の良さのひとつだった。最近は、その後の評価に関らず文庫化されるケースが多く、また冒頭で述べたように文庫として新しく書き下ろされるものも多いから、結果的に文庫でも早く絶版にする慣習が一般化してしまったようだ。出版社は読者の声に耳を傾け、いったん絶版にしたものでも、これはという本は是非復刊して欲しいと思う。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:38 | Permalink | Comment(0) | 読書法シリーズ

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ