夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


バイリンガルについて

2010年11月30日 [ 言葉について ]@sanmotegiをフォローする

 先日“日本語は敬語があって主語がない”金谷武洋著(光文社新書)という本を読んでいたら、歌手の宇多田ヒカルが、「作詞する際に、英語と日本語では気持ち的にどう違うか」という質問に(英語で)答えた文章が載っていた。周知のように宇多田さんはバイリンガルである。

(引用開始)

There were differences that came out naturally through the process of writing in a different language, obviously. (…) The nature of Japanese and English is just so different. Both have pros and cons, but I found that with English I could be more upfront, powerful, in a good way, which included things like humour and sexyness and playfulness and some poetic language that, in Japanese, might sound all too much like, a weirdness or too much goofiness. So there was a new freedom with English that really let me make new things that I don’t think I would come up otherwise.
(どちらの言葉を使うかによって、出てくるものが明らかに違いますね。自然にそうなるんです。日本語と英語って全然違うものだから。どっちにも長所と短所がありますけど、英語だったら、遠慮なくはっきり言えるし、パワフルな言葉遣いができるんですよ。もちろんいい意味でね。それはユーモアとかセクシィさとか遊び心、あるいは詩的な表現ができるってことにもなる。日本語で同じことを言ったら、ぜんぜん変で格好がつかなくて、とても使えないんですけどね。だから英語には自由がある。日本語だったら言えないことも大丈夫ですから)[訳:金谷]

(引用終了)
<同書179ページ>

尚、この本の著者金谷氏については、以前「日本語の力」の項でその著書“日本語は亡びない”(ちくま新書)を紹介したことがある。

 前回「騙されるな!」の項で、日本語的発想における「自他認識」の薄弱性について、

(引用開始)

 「自他認識」の薄弱性は、話し手と聞き手が一体化しやすく「環境や場を守る力」は強いのだが、話し手が環境や場に縛られすぎると、事の本質が見えなくなることがある。

(引用終了)

と書いたけれど、このことと、宇多田さんの云う「英語だったら、遠慮なくはっきり言えるし、パワフルな言葉遣いができるんですよ。(中略)日本語で同じことを言ったら、ぜんぜん変で格好がつかなくて、とても使えないんですけどね。だから英語には自由がある。」という発言とは、日本語(と英語)の特徴について、同じ見方をしていると思う。話し手が環境や場に縛られすぎると、遠慮なくはっきりものを言い難(にく)くなり、それが重なると、聞き手との間で次第に事の本質が見えなくなってしまう。

 バイリンガルであれば、このブログで見てきた、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
B Process Technology−日本語的発想−環境中心

という対比がよく実感できるのではないだろうか。「エッジ・エフェクト」の項で書いた通り、かく云う私も、小学生のときにニューヨークで暮らしたことがあり、その後も長くアメリカで暮らしてきたから、日本語と英語のバイリンガルである。

 バイリンガルはまた、「エッジ・エフェクト」や「パラダイム・シフト II」の項で紹介したところの“マージナル・マン”たる資格がある。マージナル・マンとは、

(引用開始)

 異質な諸社会集団のマージン(境域・限界)に立ち、既成のいかなる社会集団にも十分帰属していない人間。境界人、限界人、周辺人などと訳される。マージナル・マンの性格構造や精神構造、その置かれている状況や位置や文化を総称して、マージナリティーと呼ぶ。マージナル・マンの概念は、1920年代の終わり頃に、アメリカの社会学者バークが、ジンメルの<異邦人>の概念(潜在的な放浪者、自分の土地を持たぬ者)の示唆を受けて構築した。(中略)

 マージナル・マンは、自己の内にある文化的・社会的境界性を生かして、生まれ育った社会の自明の理とされている世界観に対して、ある種の距離を置くことが可能である。それゆえにマージナル・マンは、人生や現実に対して創造的に働きかける契機をもっている。

(引用終わり)
<「部落問題・人権辞典ウェブ版」より>

といった人たちのことだ。

 全国のバイリンガルの諸君諸姉、ビジネスや学問、その他「公(public)」に関ることについて、環境や場の雰囲気に怯むことなく、「人生や現実に対して創造的に働きかけ」ていこうではないか。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 13:02 | Permalink | Comment(0) | 言葉について

騙されるな!

2010年11月23日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 ビジネスを経営していて(資金繰り以外で)一番困るのは、人に騙されることだ。商品の競争力不足や市場とのミス・マッチなどは、後でいくらでも修正が効くけれど、人に騙されるとなかなか取り返しがつかない。

 前回「母音言語と自他認識」の項で説明した“日本語的発想における「自他認識」の薄弱性”の問題点は、人に騙されやすいことだろう。

 「自他認識」の薄弱性は、話し手と聞き手が一体化しやすく「環境や場を守る力」は強いのだが、話し手が環境や場に縛られすぎると、事の本質が見えなくなることが多い。事の本質が見えないと、見せかけの「権威」や「うそ」に騙されやすくなる。

 海外にいくと「日本人はお人好しだ」とよく言われる。それは我々が生まれつきそうなのではなく、日本語そのものに「要因」が埋め込まれていると思われる。

 見せかけの「権威」や「うそ」に騙されないようにするにはどうしたら良いか。以前「自立と共生」の項で、

(引用開始)

精神的に自立していなければ、すぐに他人に騙されてしまい、経済的自立を保つことが出来ない。

(引用終了)

と書いたけれど、自分で物事の本質を見抜くためには、「精神的自立」がまず必要である。そのためには、自分と相手、さらに周りの状況を客観的に把握できなくてはならない。まさに発想における「自他認識」が必要なのである。

 このブログではこれまで、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
B Process Technology−日本語的発想−環境中心

という対比を見てきたが、客観的に状況を把握するためには、環境中心の日本語的発想よりも、自他認識に優れた「主格中心の英語的発想」が必要とされるのだ。

 ビジネスにおいて、見せかけの「権威」や「うそ」に騙されないようにするには、環境や場に過度に縛られることなく、全体を俯瞰して「合理的な判断」をしなければならない。そのためにも、自らの「理念(Mission)と目的(Objective)」に基づいて、信頼できる人的ネットワークを築いていっていただきたい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:47 | Permalink | Comment(0) | 起業論

母音言語と自他認識

2010年11月16日 [ 言葉について ]@sanmotegiをフォローする

 先日「日本の生産技術の質が高い理由」の項で、

(引用開始)

日本語が母音語であることと、それに伴って起こる、日本語的発想における「自他認識」の薄弱性

(引用終了)

と書いたけれど、このことについては、「脳における自他認識と言語処理」や「社会の力」の項で、以下の循環運動(IVから再びIへ)として説明した。

(引用開始)

I  日本語には身体性が強く残っていて母音の比重が多い(文化的特徴)

(1)言語野は左脳にある
(2)社会と母国語の学習によって脳神経回路が組織化される

II  日本人は母音を左脳で聴く(身体運動意味論などより)

(3)脳の自他認識機能は右脳にある
(4)人は発話時に母音を内的に聴く
(5)日本人は発話時に自他分離の右脳をあまり刺激しない

III 日本語は空間の論理が多く、主体の論理が少ない(脳科学の知見より)

IV 日本語に身体性が残り続ける(社会的特性)

(引用終了)

 詳しくは「脳における自他認識と言語処理」や「社会の力」などの項を見て欲しいが、ここではすこし順番を変え、言葉をさらに補足しながら、この循環運動を説明してみよう。また仮説の域を出ないことも多いだろうが、興味深い理論だと思う。

1. 人の言語野は左脳にある
2. 子供ははじめ右脳経由で言葉を覚える
3. 習熟すると人は左脳(言語野)で言葉を処理するようになる
4. 人の脳の自他認識機能は右脳にある

5. 日本語には身体性が強く残っていて母音の比重が大きい
6. 英語は子音の比重が大きい

7. 人は発話時に母音を内的に聴く
8. 社会と母国語の学習によって脳神経回路が組織化される
9. 母親と社会から日本語(母音語)を聴かされて育つと、母音に習熟し、発話時に母音を左脳で聴くようになる
10. 母親や社会から英語(子音語)を聴かされれて育つと、母音に習熟せず、発話時に母音を右脳で聴き続ける

11. 日本人は発話時に自他分離の右脳をあまり刺激しない
12. 欧米人は発話時に自他分離の右脳を刺激する

13. 日本語は容器(空間)の比喩が多く、擬人の比喩が少ない
14. 英語は擬人の比喩が多く、容器(空間)の比喩が少ない

15. 日本語は空間(環境や場)の論理が多く、主体の論理が少ない
16. 英語は主体の論理が多く、空間(環境や場)の論理が少ない

17. 日本語的発想は環境中心で、環境と一体化しやすい
18. 英語的発想は主格中心で、環境と一体化しにくい

19. 日本語に身体性が残り続け、母音の比重が大きくあり続ける
20. 英語は子音の比重が大きくあり続ける

 いかがだろう。複雑で分りにくいかもしれないが、この循環運動が理解できれば、日本語のいろいろな問題がよくわかるようになるのではないか。さらに詳しくは「言葉について」の各項、「脳における自他認識と言語処理」でも引用した“日本人の脳に主語はいらない”月本洋著(講談社選書メチエ)などを参照して欲しい。

 ところで「脳における自他認識と言語処理」の項では、月本洋氏の同書について、

(引用開始)

 尚氏は、日本語が世界の言語の中で、母音を最もよく発音する言語であること、日本語は主語や人称代名詞をあまり使用しない、という二点から、「母音の比重が大きい言語は主語や人称代名詞を省略しやすい」(第5章)と仮定されているが、これは(氏も書かれているように)まだ検証が足りず、私の今までの考察(「日本語について」「視覚と聴覚」などで見た日本語に擬音語や擬態語が多いこと)からして、むしろ原因と結果を逆転させて「主語や人称代名詞を省略する日本文化は母音の比重が大きい」とした方が自然だと思われる。

(引用終了)

と書いたけれど、よく考えてみれば「母音の比重が大きい言語は主語や人称代名詞を省略しやすい」ということと、「主語や人称代名詞を省略する日本文化は母音の比重が大きい」こととは、同じ現象を言い換えたに過ぎないだけかもしれない。いずれにしても、

I  日本語には身体性が強く残っていて母音の比重が大きい(文化的特徴)
II  日本人は母音を左脳で聴く(身体運動意味論などより)
III 日本語は空間の論理が多く、主体の論理が少ない(脳科学の知見より)
IV 日本語に身体性が残り続ける(社会的特性)

という循環運動(IVから再びIへ)が大切であると思う。

----------------------------------------
<お知らせ>

社団法人全国学校図書館協議会」から、私が編集協力させていただいた「21世紀を生きる学習者のための活動基準(シリーズ 学習者のエンパワーメント 第1巻)」と「学校図書館メディアプログラムのためのガイドライン(シリーズ 学習者のエンパワーメント 第2巻)」の二冊が発行されました。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 13:26 | Permalink | Comment(0) | 言葉について

10年連続200本安打

2010年11月09日 [ 各種データ ]@sanmotegiをフォローする

 今年、大リーグの鈴木一朗(イチロー)が、10年連続200本安打を達成した。二年前「200本安打」の項で、「8年連続の記録達成は容易ではない」と書いたけれど、実はその時すでに「10年連続」もあるだろうと感じていた。といっても、イチロー本人にとっては「簡単じゃないことは僕が一番知っている。それなりの思いはある。」(記録達成の試合後記者インタビューから)とのことで、この記録は、今後なかなか破られないだろう。ここまで10年のデータを纏めておく。

年度  打率  安打数
2001年 .350 242本
2002年 .321 208本
2003年 .312 212本
2004年 .372 262本
2005年 .303 206本
2006年 .322 224本
2007年 .351 238本
2008年 .310 213本
2009年 .352 225本
2010年 .315 214本

 イチローは、自分の身体はもとより、使用するグラブやバット、スパイクなどを入念に手入れすることで知られている。前回「日本の生産技術の質が高い理由」の項で、

(引用開始)

日本人の生産技術の質の高さも、その根本に、環境中心の日本語的発想があるということなのだろう。

(引用終了)

と書いたけれど、スポーツ選手における身の回りの道具類は、生産工場における機械類と同じだ。日本語で思考するイチローは、自身と身の回りの道具とを一体化させる「環境中心の発想」が得意だと思われる。それが、忍耐力と粘り強さを生み、10年連続200本安打という大記録に繋がったのだろう。

 また一方でイチローは、塀際の美技やレザー・ビームといわれる返球、走塁などでファンを魅了する。先日「反重力美学」の項で、

(引用開始)

「反重力美学」はまた、西洋的なリズム感を伴っている。速さや跳躍力を競う「オリンピック・ゲーム」の発祥地は、そもそもギリシャである。

(引用終了)

と書いたけれど、野球もアメリカのスポーツだから、観戦の楽しみは「反重力美学」が基本だ。

 グラブやバット、スパイク、さらにはフィールドと一体化しながら、一方で、打撃、守備、走塁において「反重力美学」を堪能させてくれるイチローのプレイは、かくして日米のファンを同時に楽しませてくれるのである。イチローは筋肉トレーニングの際、「赤筋と白筋」のバランスに気を配っているに違いない。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:01 | Permalink | Comment(0) | 各種データ

日本の生産技術の質が高い理由

2010年11月02日 [ 言葉について ]@sanmotegiをフォローする

 これまで「言葉について」の各項などで、日本語が母音語であることと、それに伴って起こる、日本語的発想における「自他認識」の薄弱性は、「話し手の意識を環境と一体化させる傾向」(「日本人と身体性」)を生み、それがいい意味では「自然環境を守る力」(「日本語の力」)となるけれど、一方において「自分の属する組織を盲目的に守る力」(「迷惑とお互いさま」)ともなり、悪くすると「組織内の秩序を乱さないように努力する力」(「上座と下座」)にまで墜することを見てきた。

 「日本語の力」「少数意見」「民族移動と言語との関係」などで紹介してきた“日本語はなぜ美しいのか”(集英社新書)の著者黒川伊保子氏は、日本語における「話し手の意識を環境と一体化させる傾向」は、自然や組織ばかりではなく、機械などの無機的環境に対しても働くと述べておられる。同書の「日本の生産技術の質が高い理由」という項より引用しよう。

(引用開始)

 融和癖が高じて、日本人は、たとえば工場の機械とも一体化する。
 ある日本の精密機器の生産管理者が、「光ファイバーの微細なコネクタを接着するとき、日本人の工員は、なにも言わなくても、有効範囲のど真ん中にくるように接着してくれる。欧米人は、平気で有効範囲ぎりぎりの接着をするので、どうしても現場の耐久性が日本製のほうが良いのです」と話してくれたことがある。
 欧米人の工員に注意すると、「有効範囲に入っているのに、注意される筋合いはない」と気にも留めてくれない。「たしかにそうだ、気持ちの問題なのだが、その気持ちを真ん中に集中してくれないか?」と言っても、相手は「言っていることの意味がわからない」と首をすくめるのだそうだ。
 逆に日本人の工員に「あなたは、なぜ、真ん中を狙うのか」と尋ねたら、「真ん中が気持ちいいから。これがずれると、気持ち悪い」と答えたのである。日本人なら、この発言に深くうなずかれることだろう。(中略)

 日本の工場の質の高さは、枚挙にいとまがない。
 あるメーカーでは、日本とベルギーにまったく同じ生産ラインを作って稼動させている。同じシステムに、同じマニュアル。なのに、不良品の発生率がまったく違うので、日本の生産管理のチームを派遣した。報告は次のようなものだったという。
「ベルギーの工場では、生産機械のアラームが鳴ってから、ラインを止める。日本の工場では、アラームが鳴る前に、工員が微かな異常に気づいてラインを止め、トラブルを未然に防いでいる。ベルギーの工場では、当然のようにアラームが鳴っていたが、日本の工場では、創設以来、機械のアラームなど鳴らしたことがない。
 現場の『あれ、おかしいな。いつもと違う』という気づきは、機械の音や動きなど一つ一つの属性に着目しても表出しない微細な差を総体イメージとして感じる、第六感の範疇なので、到底マニュアル化できない。ベルギーの工場に日本の工場と同じ質を期待するのは無理である」
 境界線を融和し、拡張できる日本人の特性、ここに極まれり、という話である。

(引用終了)
<同書175−177ページ>

 これまでこのブログでは、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
B Process Technology−日本語的発想−環境中心

という対比について様々な角度から見てきたが、日本人の生産技術の質の高さも、その根本に、環境中心の日本語的発想があるということなのだろう。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:05 | Permalink | Comment(0) | 言葉について

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ