夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


民族移動と言語との関係

2010年10月26日 [ 言葉について ]@sanmotegiをフォローする

 前回「赤筋と白筋」の項で、アフリカから長い旅をしてきた日本人は赤筋(ミトコンドリア系)が発達している、という安保教授の説を紹介したけれど、氏はさらに、日本語について、“かたよらない生き方 病気にならない免疫生活のススメ”(海竜社)のなかで、次のように書いておられる。

(引用開始)

 それは言葉にも表れています。主語・述語、目的語の言語体系は中国まできていますが、日本と韓国は、主語の次に目的語をもってきて、結論は後まわしにするような言語体系です。
 だから、民族の思想、東洋思想の謎も、アフリカからの移動とそれに対応してきた赤筋、白筋、その内容を決定してきた自律神経の働きに関係していると私は考えています。(中略)
 長い旅をしてきて、ミトコンドリア系の多い民族としてたどり着き、日本風土は温帯性気候で雨量が多くて、そう興奮しなくてもいいような環境だから、穏やかな気性や文化が育まれたのだと思います。四季の変化があり、それに合わせて冬の食べ物を用意したり、桜が咲いたら花を見て楽しんだり、メリハリをつけて自然に同調しながら生きてきたわけです。そういう文化から強引に自然を変えるという発想が出てこないのは当然でしょう。
 こういう生活文化なので、異質のものを「調和」したり、「均衡」をとったりする感性が培われてきたのです。

(引用終了)
<同書161−164ページ>

 日本人が「調和」を好むことは、以前「日本語の力」の項でも、金谷武博氏や黒川伊保子氏、長谷川櫂氏などの著書を引用しながら論じてきた。なかでも、黒川伊保子氏は、日本語が母音語であることに注目し、母音語の使い手は人や自然と融和する傾向があると指摘された。黒川氏の“日本語はなぜ美しいのか”(集英社新書)にはまた、民族移動と言葉との関係についても言及がある。その部分を引用しよう。

(引用開始)

 さて、身体性から論じれば、自然発生音の母音の方が当然発音しやすいので、本来なら世界の主流が母音語であってもよいはずである。驚いたり、伸びをしたり、痛みを耐えたり、しみじみしたとき、自然に口をついて出る母音をコミュニケーションの中心に使う方が、音韻上は無理が無い。(中略)
 古代、大陸全体が豊かな緑におおわれていたアフリカが砂漠化し始めて、人類が北へと旅を始めた。砂漠や寒冷地のような過酷な環境と闘うようになると、大らかに口を開けていられないので、子音語化が始まる。
 機械のようなデジタル音である子音語は、論理的で合理的な意識をヒトの脳に与える。やがて、怒涛(どとう)のような科学の発達と、侵略の論理が世界の潮流になった。このようにして、人類は、何か大きな渦に巻き込まれていったのではないだろうか。
 環境は言語を作り、意識は人を作る。いったん言語を選択してしまうと、今度は、その言語の発音特性がヒトの意識を作り出す。意識はエスカレートしていき、やがて、止まらない潮流が人々を呑み込んでいくことになる。
 子音の選択こそが、ヨーロッパ世界の本当の失楽園に違いないと、私が考えるゆえんはここにある。しかし、そのとき、人類の発祥に地といわれる、アフリカの緑豊かな地を後にした人たちに、他にどんな選択肢があったのだろう。(中略)
 さて、その頃、豊かな自然に恵まれた日本列島は砂漠化もせず、太平洋の西端にぽつんと暮らしていた日本人には、この国を後にするような事情がなかった。砂嵐も知らず、凍る大地も知らず、民族移動の通り道にもならない日本人には、残念ながら、子音語を選択するチャンスがなかったのだ。完全に、世界の潮流には乗り遅れたまま、今に至っている。
 そう。なんと、私たちはいまだに、楽園の住人なのである。

(引用終了)
<同書180−182ページ>

 赤筋と白筋の発達と、母音語と子音語の発達とは時間軸上並列的な出来事ではないだろうけれど、両氏の指摘は、日本語の特質を考える上で興味深い。民族移動において日本列島がアフリカから遠く離れた極東の地にあり、なおかつ自然環境に恵まれていたことと、日本語が結論を後まわしにする構文構造であり母音語であることとは、歴史的に深く関連している気がするが、皆さんはいかがだろう。

--------------------------------
尚、本項に関連して、「反重力美学」のコメント欄も参照していただければと思う。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 07:09 | Permalink | Comment(2) | 言葉について

赤筋と白筋

2010年10月19日 [ 非線形科学 ]@sanmotegiをフォローする

 先日「解糖系とミトコンドリア系」の項で、人には解糖系とミトコンドリア系という二つのエネルギー生成システムがあるという説を紹介したが、その説によると、人の筋肉にも解糖系とミトコンドリア系があるという。「解糖系とミトコンドリア系」の項で紹介した“やはり、「免疫力」だ!”安保徹著(ワック出版)から、その部分を引用してみよう。

(引用開始)

 私たちの体には約四百種類の骨格筋がありますが、骨格筋は細胞の集合である筋繊維(きんせんい)からできています。この筋繊維には、ミトコンドリアが多い筋繊維と少ない筋繊維があります。
 筋繊維は、その見かけから赤筋と白筋に分けられます。赤筋は赤い筋繊維でできていて、白筋は白い筋繊維でできています。この色の違いはミオグロビン(筋肉中にあって酸素分子を代謝に必要な時まで貯蔵する)という色素タンパクの量の違いによるのです。この酸素を蓄える赤いミオグロビンが多いので赤筋といわれ、赤筋にはミトコンドリアが多く、白筋は逆にミオグロビンが少なくミトコンドリアが少ないのです。
 赤筋は、収縮は遅いのですが、繰り返し収縮しても疲労しにくいという特性を持っているので、遅筋(ちきん)とも呼ばれます。赤筋(=遅筋)は、長い間収縮し続けることができるので、長時間の持続的な運動に適しています。
 それに対して、白筋は速く収縮し発揮する張力も大きいので、速筋(そっきん)と呼ばれます。白筋(=速筋)は、素早く大きな力を発揮することができ、瞬発的な運動を行うときに活躍します。
 百メートル、二百メートルなど短距離走は、ほとんど無呼吸で疾走する瞬発力の世界ですが、そのときに使っている筋肉はミトコンドリアが少ない白筋(=速筋)です。白筋は酸素なしでエネルギーをつくることができる解糖系の細胞です。
 それに対して、ジョギング、マラソンなどの長距離走やバイク漕ぎ、エアロビクスなど持久力を必要とする運動は、有酸素運動といわれます。これらの運動で使うのは、酸素を使うミトコンドリア生成系の赤筋なのです。(中略)
 私たちの体の骨格筋は、ほぼ一対一の割合です。つまり、解糖系の瞬発力とミトコンドリア系の持久力をバランスよく使って、生活しているのです。

(引用終了)
<同書191−192ページ>

 さて、人類は、10万年から20万年前に起こったアフリカの地殻変動によって、アフリカ大陸から出てゆくことになるわけだが、安保教授は、その後の移動距離によって、民族の間で、赤筋と白筋に比率の微妙な偏りが生まれたとのではないかと推察しておられる。“かたよらない生き方 病気にならない免疫生活のススメ”安保徹著(海竜社)から引用しよう。

(引用開始)

 地殻変動後、人間はアフリカを離れていきます。ヨーロッパ、アジア、北米、南米まで放浪の旅に出ました。旅を重ねているうちに、だんだん赤筋が多くなったのです。日本人のように、西欧から見るとFar East(極東)の果ての果てまでたどり着いた民族は、ますます赤筋が優位になって、マラソンのような持久力を必要とする競技が強いのではないかと考えられます。(中略)
 体全体からみれば、解糖系とミトコンドリア系の比率はほぼ一対一となっているけれど、民族によって微妙なかたよりがあります。
 私たちは長い旅をして、極東といわれる、その果てにたどり着いた民族ですから、瞬発力、いいかえれば興奮や怒りよりも、忍耐力の世界で生きるようになったわけです。

(引用終了)
<同書157−161ページ>

 いかがだろう。“ミトコンドリア不老術”日置正人著(幻冬社)によると、老化とは、ミトコンドリアの数の減少によるものとのことである。日本人が長寿なのは、そもそも民族として、ミトコンドリア系に偏っているからなのかもしれない。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:19 | Permalink | Comment(0) | 非線形科学

反重力美学

2010年10月12日 [ アート&レジャー ]@sanmotegiをフォローする

 人はなぜスピードに憧れるのか。高い山に登りたがるのか。螺旋階段に魅力を感じるのか。このことに関して、以前私は「Before the Flight」の項で、

(引用開始)

 人間は、常に重力によって大地に引き寄せられているので、それに逆らうものへ強い憧れを抱くようだ。走る男、空へ舞い上がる鳥、天を向いた植物の穂先、スポーツ・カーの流線型など、重力から逃れようとする運動や形態に対して、人間は本能的に美を感じ取る。

(引用終了)

と述べたことがある。

 先日「重力進化学」の項で、

(引用開始)

 交感神経と副交感神経のバランスによって我々の健康が保たれていることは免疫学のよく教えるところだが、全身に広がった交感神経によって、人間文化の発生の基となる「食べること以外」の調節が行われるようになったということであれば、改めて、人間の進化における「重力の影響の大きさ」について考えさせられる。

(引用終了)

と書いたけれど、この二つ(「重力に逆らうものへの憧れ」と「人間の進化における重力の影響」)は、互いに大いに関係があるのではないだろうか。すなわち、人は日々重力の影響を受け続けるが故に、重力に逆らう運動に美を感ずるのではないだろうか。

 とすると、「交感神経と副交感神経」の項で考察したように、交感神経の働きは<闘争か逃走か>ということであるから、重力に逆らうものに対する人の憧れの根底には、「交感神経の働き」がある筈だ。

 この交感神経由来の美学を、「重力進化学」に因んで、「反重力美学」と名付けることとしたい。

 以前「黄金比と白銀比」の項で、

(引用開始)

 英語の「リズム」の建築的代表例として相応しいのは、「螺旋階段」ではないだろうか。特に裾広がりの螺旋階段は、動的なリズム感に溢れている。

(引用終了)

と書いたけれど、「反重力美学」はまた、西洋的なリズム感を伴っている。速さや跳躍力を競う「オリンピック・ゲーム」の発祥地は、そもそもギリシャである。

 前回「三拍子の音楽」の項で、映画“2001年宇宙の旅”とワルツ“美しく青きドナウ”に関して、

(引用開始)

 この映画のなかで、“美しく青きドナウ”は、地球と月とを往復する宇宙船の背景音楽として使用された。西洋合理主義の行き着く先をHALの反乱によって暗示したキューブリック監督は、崩壊前の調和的な世界観を、この三拍子の優雅なワルツによって表現したかったのだろう。

(引用終了)

と書いたけれど、「反重力美学」の観点からも、このリズム感あふれるワルツは、無重力空間を行く宇宙船の背景音楽として相応しい訳だ。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 08:32 | Permalink | Comment(2) | アート&レジャー

三拍子の音楽

2010年10月05日 [ アート&レジャー ]@sanmotegiをフォローする

 先日のNHK-BS「名曲探偵アマデウス」では、ヨハン・シトラウス2世の“美しく青きドナウ”を取り上げて、1867年に発表されたこの傑作の謎に迫っていた。なぜこの曲は人の心を浮き立たせるのか。

 まず旋律が美しい。また三拍子のワルツは安定していて心地良いということがある。さらにこの曲で使われるニ長調は、バイオリンの開放弦が共鳴する“レ”と“ラ”の音を含む調性なので、弦楽器の音が響きやすい。ニ長調は特に祝祭などで使われる調性だという。曲全体を構成する五つのワルツの繋ぎの妙、木管楽器とトロンボーンの音色の対比、旋律を支える合いの手の入れ方などなど、この曲は、確かに聴けば気分が高揚し、自然に体が動き出すような音楽である。日本の「一拍子の音楽」とは別様の、躍動感あふれる世界である。

 番組でも触れていたが、“美しく青きドナウ”といえば、映画“2001年宇宙の旅”(スタンリー・キューブリック監督)で使われた音楽としても有名だ。映画がリリースされたのは1968年だから、曲が発表されてから凡そ100年後のことである。

 私は1968年17歳の時に、この映画を観た。太古の地球に訪れる夜明け、猿の振り上げた動物の骨が宇宙船に変わる場面、宇宙船の内部描写、月面に隠されていたモノリス、HALの反乱、最後に現れる白い部屋と胎児の映像などなど、今でも私はこの映画の各シーンを鮮明に思い出すことが出来る。もっとも、その後70年代のパリを皮切りに、幾度もこの映画を観ているから、記憶は順次補強されてきているけれど。

 この映画のなかで、“美しく青きドナウ”は、地球と月とを往復する宇宙船の背景音楽として使用された。西洋合理主義の行き着く先をHALの反乱によって暗示したキューブリック監督は、崩壊前の調和的な世界観を、この三拍子の優雅なワルツによって表現したかったのだろう。

 そもそも“美しく青きドナウ”は、ハプスブルグ帝国が普墺戦争に破れ崩壊への道を歩み始める時期に、宮廷舞踏会指揮者だったヨハン・シトラウスが、祖国へのノスタルジアを込めて書いた曲だという。曲のタイトルは、ハンガリー詩人カール・ベックの、“美しく青きドナウのほとりに”という詩から取られた。「名曲探偵アマデウス」によると、この曲は初め合唱曲として書かれたらしい。番組から(日本語に訳された)合唱のナレーション部分を引用しよう。

(引用開始)

なんと青きドナウよ
谷と緑野を縫いながら
お前は静かに波打ち流れ
我らウィーンはお前に挨拶する
銀に輝くお前の帯は
国と国とを結びつけ
お前の美しい岸辺では
喜びの心が高鳴っている

(引用終了)

この郷愁を誘うワルツは、それから100年後、鬼才の映画監督によって、西洋合理主義への挽歌として使われたことになる。

 三拍子の音楽といえば、1968年から2年後の1970年5月に、ビートルズの最後のアルバム“Let It Be”が発表された。その中にある、ジョージ・ハリソン作曲の“I Me Mine”も三拍子のワルツである。私は1970年の夏、映画“Let It Be”を観た。ビルの屋上でのライブ演奏と並び、この曲に合わせてジョンとヨーコがワルツを踊っているシーンが想い出される。

 この曲がレコーディングされたのは、1970年1月3日のことだという。アルバム・バージョンは、プロデューサーのフィル・スペクターによってだいぶ加工されているけれど、1月3日のオリジナル音源が、1996年10月に発売された、ビートルズの“ANTHOROGY 3”に収録されている。以前「五つ星」で紹介した中山康樹氏の“ビートルズ全曲制覇”(笊カ庫)から、このオリジナル音源についてのコメントを引用しておきたい。

(引用開始)

 この《アイ・ミー・マイン》はすばらしい。3人がオーヴァーダビングをくり返してわずか1日で完成させたオリジナル・バージョン、短いながらも緊張感に富み、途中でテンポが変わるパートも違和感なく流れる。エンディングでうっすらとハーモニー(ジョージによるオーヴァーダビング)が聴こえる瞬間のなまなましさもこのヴァージョンならでは。

(引用終了)
<同書155ページ>

ここで3人というのは、ポールとジョージ、リンゴのことで、ジョンは休暇を取っていてこのセッションには参加していなかった。

 ポールとジョージ、リンゴの3人での録音といえば、1990年代の中ごろ、ジョンのオリジナル音源に3人がオーヴァーダビングした、“Free As A Bird”と“Real Love”のことを思い出す。中山康樹氏もそのことに触れておられる。

(引用開始)

『アビー・ロード』が最後になるはずだったが、1970年1月3日と4日、映画用に追加のレコーディングを行うためスタジオに集まる。ただしジョンは休暇中で、ポール、ジョージ、リンゴの3人となる。これがビートルズとして最後のレコーディングとなるが、その後“新曲”としてレコーディングした《フリー・アズ・ア・バード》もジョン不在、残る3人によって行われたことは、なにやら暗示的ではある。

(引用終了)
<同書24ページ>

ビートルズは、当初ジョン・レノン中心のロック・バンドだったけれど、次第に他の3人が力をつけていく。曲も多様化し複雑性を増す。やがてジョンがグループからフェードアウトすることで、バンドとしては「解散」に至るわけだが、その後の各人の活躍を考えれば、それは解散というよりも、むしろグループの「発展的解消」だったといえるだろう。

 それにしても、映画“2001年宇宙の旅”が発表された1968年当時、2001年は遥か先のSFの世界だった。今はなんと、それからさらに9年後の2010年である。光陰矢の如し。今年17歳の若者は、42年後の2052年、今の映画や音楽の何を、どう思い出すのだろうか。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:11 | Permalink | Comment(0) | アート&レジャー

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ