夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

2010年07月27日 [ 公と私論 ]@sanmotegiをフォローする

 「迷惑とお互いさま」の項で、日本語の「自然環境を守る力」は、自然環境に対してだけでなく、人為的な組織に対しても同じように働くようだと指摘し、「少数意見」や「ハーモニーとは」などで、その「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」について論じてきたけれど、今回は、「人為的な組織」と「自然発生的な組織」の違いそのものについて考えてみたい。

 ドイツの社会学者フェルディナント・テンニースは、社会組織について、「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」という二つの概念を提起した。ゲマインシャフトとは、地縁・血縁などにより自然発生した社会集団を指し、ゲゼルシャフトとは、利害関係に基づいて人為的に作られた社会組織を指す。テンニースは、人間社会が近代化するとともに、社会組織は「ゲマインシャフト」から「ゲゼルシャフト」へと変遷していくとした。このブログでいう「人為的な組織」は、テンニースの「ゲゼルシャフト」という概念に近く、「自然発生的な組織」は、「ゲマインシャフト」に近いと思う。

 テンニースはさらに、社会組織が「ゲマインシャフト」から「ゲゼルシャフト」へと変遷していく過程で、人間関係そのものは、疎遠になっていくと考えた。社会の機能化に伴って個人の権利と義務が明確化され、それまでのウエットな人間関係は、利害関係に基づくドライなものへと変質するからだ。

 しかし、日本語に備わった「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」は、地縁・血縁などにより自然発生した「ゲマインシャフト」においてのみならず、明治の近代化以降、利害関係に基づいて人為的に作られた「ゲゼルシャフト」においても、それまで同様作動し続ける。

 たとえば、「先輩と後輩の関係」について考えてみよう。どこの国でも、血縁により自然発生した親族内(ゲマインシャフト)において、一族の長老が先輩として敬われ、子供たちが若輩ものとして扱われるのは自然なことであろう。一方、大学や会社などの機能組織(ゲゼルシャフト)においては、個人の権利と義務が明確化され、効率的な運営が図られるのが普通である。

 しかし日本では、大学や会社などにおいても、入学・入社年次によって、あたかも親族内のような「先輩と後輩の関係」が築かれる。先輩は後輩の面倒を見ることが暗黙のうちに了解され、後輩は先輩を立てることが求められる。個人の権利と義務の明確化や、効率的な組織運営は二の次で、組織構成員はひたすらその関係維持に腐心する。「先輩と後輩の関係」維持は、「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」の典型的な表出形態であろう。

 機能組織(ゲゼルシャフト)も一つの有機体であれば、合理性と同時に、人間関係をスムーズに運ぶための工夫も必要である。組織が充分小さく、先輩と後輩との親密性が長く保てるのであれば、「先輩と後輩との関係」維持も良いけれど、機能組織(ゲゼルシャフト)は、あくまでも目標達成の為に(人為的に)作られるもであり、組織運営には、合理性と人間性とのバランスが欠かせない筈だ。

 本来、ゲマインシャフトは「私(private)」の領域に属し、ゲゼルシャフトは「公(public)」の領域に属す。しかし、日本では二つの違いの意識が希薄である。「先輩と後輩の関係」は、大学や会社だけでなく、官僚や公共団体など、日本の機能組織のいたるところで見られる。我々は、「自然発生的な組織」=「ゲマインシャフト」と、「人為的な組織」=「ゲゼルシャフト」との違いをしっかりと認識し、そのどちらにも影響を及ぼす日本語の「自分の属する組織を盲目的に守ろうとする力」に対して、殊の外自覚的でなければならない。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 08:58 | Permalink | Comment(0) | 公と私論

黄金比と白銀比

2010年07月20日 [ アート&レジャー ]@sanmotegiをフォローする

 前回「一拍子の音楽」の項で、

(引用開始)

この英語の「リズム」と日本語の「間」との違いは、ことばの特徴(母音語と子音語)に根ざしているだけに、歌だけに止まらず、絵画や文学、デザイン、彫刻や建築、その他生活文化全般にまで及んでいるように思われる。

(引用終了)

と書いたけれど、今回は、建築面からこの違いについて考えてみたい。

 英語の「リズム」の建築的代表例として相応しいのは、「螺旋階段」ではないだろうか。特に裾広がりの螺旋階段は、動的なリズム感に溢れている。一方、日本語の「間」の建築的代表例として相応しいのは、「茶室」であろう。四畳半の茶室には、静的な緊張感が漲っている。

 以前私は「螺旋階段」の項で、箱根ポーラ美術館にある謎の螺旋階段について詮索し、そのあと以下のように書いた。


(引用開始)

 さて、螺旋というかたちで有名なのはDNAの二重構造だが、もうひとつ思い浮かぶのが「音階」である。螺旋と音階の関係については、「音律と音階の科学」小方厚著(講談社ブルーバックス)に詳しい。また、ポーラ美術館の螺旋階段は円柱状だが、純正律で音階を極座標上に表現すると、裾広がりの渦になるという。そういえば洋館の螺旋階段の多くは、そのような裾広がりの優雅な形をしている。

(引用終了)

裾広がりの螺旋、とくにフィボナッチ数列から生まれる螺旋には、「黄金比」と呼ばれる比率が潜んでいることがよく知られている。黄金比とは、クレジット・カードなどによく使われている約1対1.6の縦横比のことで、フィボナッチ数列の2項間の比は、その黄金比に近づいていく。螺旋階段以外でも、西洋の建築にはこの「黄金比」が多く使われている。黄金比について、“雪月花の数学”桜井進著(祥伝社黄金文庫)から引用しよう。

(引用開始)

 「黄金比」という言葉自体は、よくお聞きのことと思う。人間が美と調和を感じる、最も美しい比率としての数のことだ。「黄金律」とも言う。
 エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッドや、アテネのパルテノン神殿、ミロのヴィーナス、ドミニク・アングルの絵画「泉」など、古来、建築物や芸術作品にこの黄金比が取り入れられてきたことは有名で、あの『ダヴィンチ・コード』の冒頭でもレオナルド・ダ・ヴィンチの「ヴィトルウィウス的人体図」が登場する。

(引用終了)
<同書16ページ>

 一方の茶室には、「白銀比」と呼ばれる比率が潜んでいる。「白銀比」とは、正方形における一辺と対角線との比(約1対1.4)のことで、茶室以外でも、日本の建築には「白銀比」が多く使われている。古いところでは、あの法隆寺(五重塔の庇・金堂の正面の幅・西院伽藍の回廊)にもこの白銀比が使われているという。

 黄金比と白銀比との対比について、再び“雪月花の数学”桜井進著(祥伝社黄金文庫)から引用しよう。

(引用開始)

 円に内接した正方形に対角線を引き、導き出されたのが「白銀比=√2」だった。第1章で紹介したように、日本人は大切なものに白銀比を使い、正方形を使う。それが日本人の気質を表している。実用的で、同時に無駄を省き、いたずらな華美を慎(つつし)み、質素倹約を旨とする、日本人本来の気質である。
 そして同時に、円の中の正方形は、それ自体で完結している。言い換えれば、形として閉じている。それゆえ、あくまでも静謐(せいひつ)にたたずんでいる。決して外へ出てゆこうとはしない。
 ひるがえって、黄金比が描き出す螺旋は、あからさまに西洋的なダイナミズムを表現する。外へ向かって拡大し、収束することを知らない。それが帝国主義的植民地政策につながるとまでは言わないが、螺旋の持つ外への発展性は、円と正方形の完結性とは、まったく対照的だ。螺旋は華美な装飾を生み、正方形は質素な静けさを呼ぶ。
 その意味では、黄金比と白銀比は正反対の数と言ってよい。すなわち黄金比は「動」であり、白銀比は「静」である。さらにその躍動感において、黄金比を「生」、白銀比を「死」になぞらえることもできる。
 ただし忘れてならないのは、両者は顔をそむけあっているわけではないということだ。人智を超えた存在――宇宙、大自然、生命、紙を解き明かす一つの鍵として、黄金比も白銀比もある。
 万物を動的に捉えるのが黄金比とするならば、白銀比はその一瞬を切り取って、静的に表現する。「死」を語れば語るほど、「生」を語ることになる。

(引用終了)
<同書90−92ページ>

 英語の「リズム」と日本語の「間」との違いは、「動」と「静」の対比として、それぞれ「黄金比(約1対1.6)」と「白銀比(約1対1.4)」をもって(視覚的に)表現されるのであろうか。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:09 | Permalink | Comment(0) | アート&レジャー

一拍子の音楽

2010年07月13日 [ アート&レジャー ]@sanmotegiをフォローする

 先回「リズムと間」の項において、

(引用開始)

 カナ一文字が最小の音声認識単位であるところの日本語の歌は、「拍」と「間」によって構成される。それに対して、シラブル(子音から子音への一渡り)が最小の音声認識単位であるところの英語の歌は、シラブルを繋ぐものとしての「ビート(脈動)」や「リズム(律動)」によって構成されるということがわかる。

(引用終了)

と書いたけれど、この英語の「リズム」と日本語の「間」との違いは、ことばの特徴(母音語と子音語)に根ざしているだけに、歌だけに止まらず、絵画や文学、デザイン、彫刻や建築、その他生活文化全般にまで及んでいるように思われる。

 このブログではこれまで、「脳と身体」などで、経営的、科学的、社会的観点から、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
a 脳の働き−「公(public)」

B Process Technology−日本語的発想−環境中心
b 身体の働き−「私(private)」

という対比を指摘し、「容器の比喩と擬人の比喩」「言語技術」などで、言語的見地から、

A 主格中心−擬人比喩の多用−主語と述語
B 環境中心−容器比喩の多用−主題と解説

という対比をみてきた。ここで、以上の対比構造に、

A 英語−子音主体−ビートとリズム
B 日本語−母音主体−拍と間

という音楽的視点も付け加えておきたい。

 さて先日「対位法のことなど」において、

(引用開始)

 この“対位法”は、前回「ハーモニーとは」の項で引用した石井宏氏のいう、「音がお互いに自己を主張しながら、立派に溶け合ったハーモニー」のあり方を、高度に示す西洋音楽の真髄だと思う。

(引用終了)

と書いたけれど、今回は日本の「一拍子の音楽」について、“西洋音楽から見たニッポン”石井宏著(PHP研究所)から引用してみよう。

 石井氏はまず、歌舞伎の「天衣粉上野初花(くもにまごううえののはつはな)」などで聴かれる「雪おろし」のモノトーンな太鼓の連打について触れた後、次のように書いておられる。

(引用開始)

 同じように歌舞伎には日本人の発明した着目すべき一拍子の音楽がもう一つある。それは幕の開閉に使われる拍子木(ひょうしぎ)の音、あるいは花道を退場するときの「柝(き)」の「つけ打ち」などに見られる。(中略)
 この柝による音楽は西洋の打楽器と違って二拍子や三拍子のリズムをもたない(拍ごとにメリハリをつけない)純粋に一拍子の音楽である。
 それだけでも西洋音楽の視点からすれば不思議なことだが、さらに彼らにとってこの打ち方が奇想天外なのは、そのテンポと打音の強弱の関係である。
 すなわちテンポからいえば、柝の打ち方はだんだんスピードが上がるので、音楽用語でいえばいわゆるアッチェレランド(アクセルする、加速する)なのである。しかるにスピードが上がるにつれてチャチャチャと動きが細かくなると、柝の音量はそれに伴って小さくなる。これは彼らには生理的理解を超越したことなのである。(中略)
 西洋式では加速と音圧の上昇が並行するため、聞き手はその音圧に煽(あお)られて舞い上がる、興奮する、などの単純な反応しかできないが、日本式の加速と音量が反比例する関係においては、聞き手は一方において加速によって興奮に誘われながら、音圧が減少していくのを追いかけさせられる。つまり、音圧の減少による負の風圧に引きずり込まれ、己の興奮が拡散するのではなく、凝縮していくのを味わうことになる。
 すべてのものは凝縮すれば内圧が高くなる。日本式の柝の打法は、こうして西洋式の単純な興奮では考えられない圧力の高い興奮を誘うことになる。

(引用終了)
<同書224−227ページ>

 作家の栗田勇氏は、その著書“日本文化のキーワード”(祥伝社新書)において、「間」について次のように記しておられる。

(引用開始)

 「間」という言葉は日本では「隙間(すきま)」というような空間的な意味にも、また「間に合う」という時間的な意味にも、「間が抜ける」といった状況の状態についても用いられる。
 「間」とは、いわば切断された関係の、緊張による充実である。また、もっとも充実した空(くう)とも無ともいえる。かみくだいて言えば、人間の計算を超えた天然宇宙の絶対的なものが、向こう側から顔を見せる時空である。

(引用終了)
<同書78−79ページ>

 この「柝の打法」こそ、「間」の駆使によって生み出される、日本音楽の真髄ではないだろうか。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 11:34 | Permalink | Comment(0) | アート&レジャー

五人目の男

2010年07月06日 [ 各種データ ]@sanmotegiをフォローする

 今年のNBA(National Basketball Association)は、ロスアンジェルス・レイカーズ(LA Lakers)が、プレイオフ・ファイナルの最終第7戦でボストン・セルティックス(Boston Celtics)を下し、二年連続優勝を果たした。去年の感想(「司令塔」)に引き続き、今年も印象を記してみたい。

 まずはファイナル戦(4ゲーム先取)の結果から。

[Game 1] Lakers 102 over Celtics 89 (6/3/10 at LA)
[Game 2] Celtics 103 over Lakers 94 (6/6/10 at LA)
[Game 3] Lalkers 91 over Celtics 84 (6/8/10 at Boston)
[Game 4] Celtics 96 over Lakers 89 (6/10/10 at Boston)
[Game 5] Celtics 92 over Lakers 86 (6/13/10 at Boston)
[Game 6] Lakers 89 over Celtics 67 (6/15/10 at LA)
[Game 7] Lakers 83 over Celtics 79 (6/17/10 at LA)

 今年のファイナルはどちらのチームも譲らず、第6戦までまったくの五分の勝負だった。セルティックスの最大の敗因は、第6戦でセンター・パーキンス(K. Perkins)が怪我をして、第7戦に出られなかったことだろう。また、この最終戦はロスアンジェルスで行われたので、応援などやはり地元チームに分があった。

 とはいえ、去年「司令塔」の項で述べた、レイカーズのコーチのジャクソン(Phil Jackson)とガードのブライアント(K. Bryant)の名コンビは、昨年に引き続き、今年もきっちりとリーダーとしての役割を果たした。

 今年私がレイカーズで注目した選手は、フォワードのアーテスト(R. Artest)である。他のスターティング・メンバー(Starters)は去年と変らないのだが、彼だけが、去年活躍したアリーザ(T. Ariza)に代わって、スターティング・メンバーに加わったからである。

 バスケットボールにおいて、チーム「五人目の男」の果たす役割は意外に大きい。まず常時ゲームに出場できる体力がなければならない。その上で、ディフェンスやリバウンドは勿論のこと、3点シュートを確実に入れること、速攻に絡むことなど、多彩なプレイが要求される。

 アーテストは、去年のアリーザの柔軟性に比べて、ディフェンスのしつこさやリバウンド力などにおいて優れていた。また、3点シュートの確立も高かった。だから今年レイカーズのリズムは、幸い去年に比べてあまり変化することがなかったように思う。アーテストは特に最終戦(第7戦)、攻守に亘って活躍した。新聞記事から引用しよう。

(引用開始)

 序盤からブライアントのシュートがなかなか決まらず、相手に主導権を握られた。そんなピンチを支えた脇役の代表格がオフに獲得したアーテスト。自身初の優勝となった30歳の守備のスペシャリストは、逆転に成功した後、再び3点差に追い上げられた残り1分1秒に値千金の3点シュートを沈めるなど20得点を稼ぎ「チームとして戦った結果」と胸を張った。

(引用終了)
<東京新聞6/19/10>

 以下去年同様、ファイナルを戦った両チームの選手たちを、それぞれポジション別に紹介しておこう。

Lakers Starters
--------------------------
[Guard] D. Fisher
[Guard] K. Bryant
[Forward] R. Artest
[Forward] P. Gasol
[Center] A. Bynum
--------------------------
Reserves
[Guard] J. Farmar
[Guard] S. Vujacic
[Guard] S. Brown
[Forward] L. Odom
[Forward] L. Walton
[Forward] J. Powell
[Center] DJ. Mbenga
[Forward] A. Morrison

Celtics Starters
--------------------------
[Guard] R. Allen
[Guard] R. Rondo
[Forward] P. Pierce
[Forward] K. Garnett
[Center] K. Perkins
--------------------------
Reserves
[Guard] T. Allen
[Guard] N. Robinson
[Guard] A. Johnson
[Forward] M. Daniels
[Forward] M. Finley
[Forward] S. Williams
[Center] R. Wallace
[Forward] B. Scalabrine

第7戦に怪我で出場できなかったCelticsのパーキンズは、優勝のかかったゲームだっただけに、さぞ悔しかったことだろう。怪我の悔しさは、私も経験したことがあるのでよく解る。その分、来シーズン頑張って欲しい。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:52 | Permalink | Comment(0) | 各種データ

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ