夜間飛行

茂木賛からスモールビジネスを目指す人への熱いメッセージ


広場の思想と縁側の思想

2009年01月27日 [ 公と私論 ]@sanmotegiをフォローする

 以前「公(public)と私(private)」のなかで、

「日本社会になぜ公的意識が根付かないのか、日本の都市になぜ広場が無いのか、日本人はなぜユーモアのセンスがないのか、等々の疑問への答えの一部が見えてくる。そもそも日本語的発想は、『公的表現』を構築する力が弱いのだ。」

と書いたが、広場について、「ヨーロッパの都市はなぜ美しいのか」佐野敬彦著(平凡社)から引用してみよう。佐野氏は、大阪芸術大学(環境・建築芸術学)教授で、長くヨーロッパで美術や建築を研究された方である。

「ヨーロッパと日本の都市の風景の違いを考える時、まっさきに浮かんでくるのはヨーロッパの広場の情景であり、反対に日本には広場がないということである。」(同書68ページ)

「広場はギリシャのアゴラやローマのフォールムから始まった。アゴラは政治討議や代表の決定を聞くための民会が行なわれる集会の場であると共に、市場広場であった。フォールムも公共広場と訳されるように政治と商業のための場であった。」(71ページ)

「日本では、例えば東京には広場がない。駅前広場というものがあるが、広場というには名ばかりで、バスやタクシーのターミナルになっている。車のためのものである。都心で見ると、銀座にはもちろん広場がない。新宿の歌舞伎町にはコマ劇場前の小空間があるが、現在ではイベントのための空間となっている。かつてJR新宿駅西口は地下広場といわれ、若者が集まってフォークソングなどを歌ったりしたところだが、通路であるとされて禁止されることとなった。(中略)歴史的に民主政治のなかった日本では市民のための広場はなかった。積極的につくらないようにしてきた。それがいまも続いている。」(83ページ)

「広場の思想」は、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
a 脳の働き−「公(public)」

と対応するのだろう。以前「建築について」で書いたように、都市と建物について語るには、その国の言葉の本質に迫らなければ成らない。日本に「広場」がないのは、誰かが作らないようにしてきたというよりも、「歴史的に民主政治のなかった日本」に、公的表現を構築する言葉(日本語)が充分に育っていないから、誰にも「広場」を作ることが出来ない、と云った方が正確だと思う。

 一方、日本の建築の良さは何処にあるのか。建築家の隈健吾氏はそれを「自然と対話する能力」にあるという。氏の新著「自然な建築」(岩波新書)から引用しよう。

「その意味で、日本の大工は驚くほどラジカルである。しばしば、家を建てるならその場所でとれた木材を使うのが一番よいと語り伝えてきた。機能的にも、見かけも一番しっくりくると伝えた。それを一種の職人の芸談として、神秘化してはいけない。場所に根の生えた生産行為こそが、存在と表象とをひとつにつなぎ直すということを、彼らは直感的に把握していたのである。その方法の現代における可能性を、具体的な場所を通じて、ひとつひとつ探っていくのが、この本の手段である。」(同書16ページ)

隈氏は、新聞に次のように書いておられる。

「自分をとり囲む、自分では手に負えず、コントロールできないものと対話し、とことんつきあっていく能力が残っている状態を『自然』と呼びたい。美しい景色が残っていれば『自然』が残っているわけではない。(中略)日本には幸いにそんな『自然』が残っている事を、なるべく具体的なエピソードとして伝えたくなって、自分でもドキドキしながらこの本を書いた。」(東京新聞12/2008「自著を語る」より)

 さらに、日本の伝統建築に魅せられたアメリカ人建築家で、ご自身も京都の町家に住んでおられるジェフリー・ムーサス氏は、その著書「『縁側』の思想」(祥伝社)の中で、日本建築の象徴として「縁側」について語っている。

「町家を改造していく中で、私が最も関心を持ったのは、日本建築における『あいまいな場所』です。例えば、縁側は屋根があるので『外』ではありませんが、壁がないので完全な『内』でもありません。この『あいまいさ』こそが、日本建築における独自の要素、コンセプトであると私は考えています。」(同書11ページ)

「このように、西洋と日本の建築技術は異なる形で発展していきました。そしてそれは自然に対する接し方にも影響したといえるでしょう。アメリカとヨーロッパでは、壁が外と内の境界を作ったため、住民と自然とを分離してしまい、未知なる自然への恐れや畏怖心を持つことにつながったのです。ハリケーンなどはコントロールできない脅威とし捉えられています。
 ところが、日本人は家に居ながらも自然に接してきたため、長い歳月の中、台風などの自然の猛威を経験しながらそれを受け入れ、豊かな気持ちで暮らす知恵を育んできたようです。生け花から食べ物に至るまで、四季おりおりのを楽しむ日本人の生活習慣が、それを証明しているといえるでしょう。」(106ページ)

「日本の伝統的な家屋は外と内の境界がはっきりしておらず、外から内、内から外へと段階的に連なっているようです。第二章でお話したように、町家の構造にはとりわけその特徴が顕著で、層(layer)になっていて、外でもなく内でもない中間的なあいまいな場所があります。
 このような場所として、日本人にとって最もイメージしやすいのが『縁側』です。縁側は家の外でしょうか?それとも家の内でしょうか?」(107ページ)

いかがだろうか。「縁側の思想」は、

B Process Technology−日本語的発想−環境中心
b 身体の働き−「私(private)」

と呼応している。日本語的発想には、豊かな自然環境を守る力が育まれているのだ。

 このように、広場の思想と縁側の思想は、

A Resource Planning−英語的発想−主格中心
a 脳の働き−「公(public)」

B Process Technology−日本語的発想−環境中心
b 身体の働き−「私(private)」

それぞれから生まれる。従って、個人にとって脳と身体の働きのバランスが大切なように、日本社会にとって大切なのは、日本語のなかに「公的表現」を構築する力を蓄えて、この二つ(広場の思想と縁側の思想)を上手くバランスさせていくことだと思われる。


--------------------------------------------------------
<お知らせ>

 アメリカから社会起業家のジム・フラクターマンさんをお呼びした講演会・シンポジウムが、バリアフリー資料リソースセンター(BRC)の主催で、2月に東京と大阪で開かれます。私も参加して逐次通訳のお手伝いをする予定です。興味のある方は是非ご参加ください。


TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:49 | Permalink | Comment(0) | 公と私論

チームプレイ

2009年01月21日 [ 起業論 ]@sanmotegiをフォローする

 約一年前、ブログの初回「スモールビジネスの時代」の冒頭で、

「最近、品質や安全の問題が頻発し、高度成長時代を支えた大量生産・輸送・消費システムが軋みをみせている。大量生産を可能にしたのは、遠くから運ばれる安い原材料と大きな組織だが、多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術といった、安定成長時代の産業システムを牽引するのは、フレキシブルで、判断が早く、地域に密着したスモールビジネスなのではないだろうか。」

と書いたが、最近大きな会社組織が平気で(派遣を含む)社員を削減するのは、

『以前「理念(Mission)と目的(Objective)の重要性」で、「いくら小さくとも会社は一つの共同体だから、その理念と目的を、社員やお客様、さらには社会に対してわかりやすく伝えることが大切なのである。」と書いたけれど、会社が大きくなってくると、当初定めた理念や目的がはっきりしなくなってくるのである。役員たちがそこで一旦立ち止まって、目的を書き換えるなり(あるいは初心に還るなり)すればよいのだが、特に儲かっていたりするとそれを怠るケースが多い。そしてお金儲けだけが企業の目的のような錯覚に囚われてしまう。』(「カーブアウト II」より)

からでもあろうが、それと同時に、多くの産業で、高度成長時代を支えた「安い原材料と大きな組織による大量生産システム」がいよいよ立ち行かなくなってきたことを示している。

 これからの安定成長時代を牽引する産業システムは、「多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術」などであり、今後ますます「フレキシブルで、判断が早く、地域に密着したスモールビジネス」が注目される筈だ。

 雇用について考えてみると、多品種少量生産、食品の地産地消、資源循環、新技術などに関わる職能は、大量生産時代に必要とされた職能よりも高付加価値化(単純作業から多機能作業へ転換)するから、今のような移行期には雇用機会の一時的減少が起こる。

 大きな組織の雇用調整が加速すれば、社会全体の雇用機会はますます縮小する。ここで雇用を「資源」として捉えれば、資源(雇用機会)が明らかに減少しているということだ。

 「競争か協調か」および「競争か協調か II」のなかで考察した、「競争を選ぶか協調を選ぶかは、資源全体の多寡・増減に依る」という原則、即ち「競争」は全体の資源(この場合は「雇用機会」)が豊富にあることを前提としたルールであり、「協調」は資源が少ない場合のルールであるという原則に照らして考えれば、いまの社会が取るべき雇用政策は、「協調戦略」に基づいたものでなければならない筈だ。「チームプレイ」は、資源が限られている場合のルールなのである。

 スモールビジネス・サポートセンターのトップページに、「これからの社会は、これまでの競争原理優先主義とは異なり、力を持つ人も持たない人も、共に助け合いながら生きていくことが大切になります。」と掲げてあるのはそういう意味を含んでいる。

 一方、上の原則は「系」総体で見ると、(適当な調整機能が働くことが前提だが)構成要素間の循環と、構成要素そのものの多様性を保証する要因ともなりうる。ある立場からして不必要なものも、別の立場から見れば貴重な資源となる場合があるからだ。自然界の食物連鎖はその良い例である。

 このことを「雇用機会」に当て嵌めて考えると、社会全体の雇用機会の縮小は、雇用する側からみれば逆に人的資源の増加であり、起業を目指すスモールビジネスは、この状況を(競争戦略に則って)より適した人材を選ぶ好機と捉えるべきだろう。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 10:34 | Permalink | Comment(0) | 起業論

立体的読書法

2009年01月13日 [ 読書法シリーズ ]@sanmotegiをフォローする

 読書法についてはこれまで、「並行読書法」「繰り返し読書法」という二つを紹介した。今回は「立体的読書法」について述べてみよう。

 以前の「並行読書法」は、幾つかの分野の本を同時並行的に読み進めることで、記憶や思考に関わるニューロンの同時発火を促すことが目的だったわけだが、この「立体的読書法」は、あるテーマについて複数分野の本を読み進め、さらにそれを連鎖させながら、その元のテーマの全体像を立体的に浮び上がらせようとするものである。いってみれば、「並行読書法」の手法をもっと意図的にテーマを絞って(同時並行性はあまり重視せずに)行なうわけだ。

 分野は「並行読書法」と同じ、

1. Art
2. History
3. Natural Science
4. Social Science
5. Geography

とする。例としてテーマに「江戸・東京」を選んでみよう。

1. 『謎解き 広重「江戸百」』原信田実著(集英社新書 ヴィジュアル版)
2. 「日和下駄」永井壮吉(号荷風)著(岩波書店 荷風全集第十一巻)
3. 「東京の地形を考える(全10回)」松田磐余著(東京新聞連載4/27-9/7/06)
4. 「東京都市計画物語」越澤明著(ちくま学芸文庫)
5. 「東京の空間人類学」陣内秀信著(ちくま学芸文庫)

『謎解き 広重「江戸百」』は、浮世絵「江戸百景」が当時の様々な出来事とリンクして書かれた事実を解き明かす本。美しい広重の作品も全120点が掲載されている。一昨年この本の出版前後にお亡くなりになった著者故原信田実さんは私の兄の親友でもあった。ご冥福をお祈りする。「日和下駄」は云わずと知れた荷風の傑作。日和下駄に、杖代わりの蝙蝠傘を手にした著者が、東京の淫祠・樹・寺・水路・露地・崖・坂・夕陽などを巡る、大正時代の作品だ。荷風が散策したであろう四谷坂町には私の母方祖母の実家があった。「東京の地形を考える(全10回)」は、サブタイトルに「災害都市」とあるように、数々の災害に見舞われてきた東京について、関東平野・武蔵野台地・関東ローム層・東京低地・墨田川・荒川などから地形・地質の成り立ちを考える。「東京都市計画物語」は、後藤新平を始め明治から昭和に至る都市計画者たちの仕事を辿った作品。「東京の空間人類学」は、水の都東京を縦横に探訪する都市学の定番書だ。

 これらの本(含新聞連載記事)を読み進めながら、さらにそれぞれの本・著者に関する複数分野の5冊を選ぶ。たとえば2.「日和下駄」に関する5冊。

1. 「荷風文学」日夏耿之介著(平凡社ライブラリー)
2. 「荷風散策」江藤淳著(新潮文庫)
3. 「女たちの荷風」松本哉著(白水社)
4. 「『断腸亭』の経済学」吉野俊彦著(NHK出版)
5. 「荷風と東京」川本三郎著(都市出版)

あるいは1.『謎解き 広重「江戸百」』に関連する5冊。

1. 「ライバル日本美術史」室伏哲郎著(創元社)
2. 「江戸の武家名鑑」藤實久美子著(吉川弘文館)
3. 「日本人の身体観」養老孟司著(日経ビジネス文庫)
4. 「江戸城」深井雅海著(中公新書)
5. 「大名屋敷の謎」安藤優一郎著(集英社新書)

さらに、実体験(自ら歩き回って得たもの)を加えて、これらの本・著者と元のテーマに関連する複数分野の5冊を選ぶ。中には元のテーマから外れるものもあるだろうがあまり厳密に考える必要はない。こうして読み進めていくと、「江戸・東京」というテーマについて様々な角度から光を当てることができ、徐々に全体像が見えてくる。

 この読書法は、いわば一つの五角形からその一辺に対してそれぞれ別の五角形を作り、さらにその作業を連鎖させることで大きな立体的な構造を作り出すイメージなので、「立体的読書法」と名付けた。テーマに沿って異なる分野の本がダイナミックに連携するので視野が広がり、新しい発見・発想が生まれてくる。これからもときどき「あるテーマに関する5冊の本の紹介」を行なっていこう。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 15:07 | Permalink | Comment(0) | 読書法シリーズ

進化のアナロジー

2009年01月06日 [ 非線形科学 ]@sanmotegiをフォローする

 これまで「アフォーダンスについて」「免疫について」「アフォーダンスと多様性」などで、生態心理学(アフォーダンス)と生命情報学(免疫など)の社会科学への応用を提唱してきたが、以前「カーブアウト」で紹介した「細胞の文化、ヒトの社会」(北大路書房)の著者で生物学者の池田清彦氏は、以前より生物学の社会科学への応用を考えてこられた。

 氏はその「細胞の文化、ヒトの社会」のなかで、「人間の文化と伝統が人間という個人を要素とするコミュニケーションによって伝承されるように、細胞の文化と伝統は高分子間のコミュニケーションによって伝承される」(同書142ページ)と書かれている。

 進化について氏は、「生物は突然変異と自然選択で進化した」とするネオダーウィニズムへのアンチテーゼとして、DNAと細胞に関連して「情報系=DNA」と「反応系=細胞質」という区分を設けた上で、「生物の進化とは、反応系を中心として情報系をまき込む、細胞内の高分子間のコミュニケーションシステムの変化と考えねばならない。」(同書135ページ)と指摘されている。

 「免疫について」で指摘したように、個体内部のエネルギー循環(免疫系−自律神経)と、個体間のエネルギー循環(知覚系−脳神経)とが相似的構造を持つと考えれば、上の文章の「生物」を「社会」、「反応系」を「集団組織」、「情報系」を「言語」、「細胞内の高分子間」を「個体間」と置き換え、「社会の進化とは、集団組織を中心として言語をまき込む、個体間のコミュニケーションの変化と考えられる」と言い直すことができるだろう。

 社会の進化には「言葉」の果たす役割が大きいのだ。池田氏も、「柴谷篤弘と私は一九八〇年代の半ばすぎから、ソシュールの構造主義言語学を枕に、生物の『構造』と言語構造の同型性を強く主張してきた」(同書127ページ)と書いておられる。

 「視覚と聴覚」で紹介した解剖学者の養老孟司氏も、「養老孟司の人間科学講義」(ちくま学芸文庫)のなかで、言葉と脳(社会)、遺伝子と細胞との関係について、「情報系1」、「情報系2」といった分類を用いてその「同型性」を指摘されている。(同書50ページ)

 池田清彦氏と養老孟司氏、それに仏文学者で「ファーブル昆虫記(全10巻)」ジャン・アンリ・ファーブル著(集英社)の訳者奥本大三郎氏を加えた三人は、虫捕りのお仲間としても知られている。三人の最新共著「虫捕る子だけが生き残る」(小学館101新書)では、皆さんで子どもにとって言葉以前のリアルな感覚(虫捕り)の重要性を説いておられる。

 さて、池田氏は「細胞の文化、ヒトの社会」のなかで、時間について、「我々が存在しなくとも多分、自然は自存するだろう。少なくともそのことを疑う根拠はない。しかし我々が存在しなければ、いかなる時間も存在しない。」(同書52ページ)と書かれている。

 私が「集団の時間」のなかで述べた、

「個人」: 脳(t = 0)と身体(t = life)
「集団」: 都市(t = interest)と自然(t = ∞)

という4種類の時間構造は、池田氏のこの時間論の延長上にある。

 これからも、生物学や免疫学などを学びながら、個体内部のエネルギー循環(免疫系−自律神経)と、個体間のエネルギー循環(知覚系−脳神経)とが相似的構造であるとする「個体内部と個体間との相似構造論」を深化・発展させ、社会科学や企業経営への応用について考えていきたい。

 尚、池田清彦氏の著作では、生物学全般については「新しい生物学の教科書」(新潮文庫)、構造主義科学については「構造主義科学論の冒険」(講談社学術文庫)が良い入門書である。

TwitterやFacebookもやっています。
こちらにもお気軽にコメントなどお寄せください。

posted by 茂木賛 at 09:47 | Permalink | Comment(0) | 非線形科学

夜間飛行について

運営者茂木賛の写真
スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)主宰の茂木賛です。世の中には間違った常識がいっぱい転がっています。「夜間飛行」は、私が本当だと思うことを世の常識にとらわれずに書いていきます。共感していただけることなどありましたら、どうぞお気軽にコメントをお寄せください。

Facebookページ:SMR
Twitter:@sanmotegi


アーカイブ

スモールビジネス・サポートセンターのバナー

スモールビジネス・サポートセンター

スモールビジネス・サポートセンター(通称SBSC)は、茂木賛が主宰する、自分の力でスモールビジネスを立ち上げたい人の為の支援サービスです。

茂木賛の小説

僕のH2O

大学生の勉が始めた「まだ名前のついていないこと」って何?

Kindleストア
パブーストア

茂木賛の世界

茂木賛が代表取締役を務めるサンモテギ・リサーチ・インク(通称SMR)が提供する電子書籍コンテンツ・サイト(無償)。
茂木賛が自ら書き下ろす「オリジナル作品集」、古今東西の優れた短編小説を掲載する「短編小説館」、の二つから構成されています。

サンモテギ・リサーチ・インク

Copyright © San Motegi Research Inc. All rights reserved.
Powered by さくらのブログ